出来たてCha Siu Baau
ホーム » Shin-EI » 惠康はWellcomeに非ず

惠康はWellcomeに非ず

住む場所が決まれば、そこで生活していかなければなりません。
まず必要なのは、食べること。

お金があってもロクに言葉も話せない外国人にとって、
スーパーとはまことにありがたい存在であります。

家から15分くらい歩いたところに小さめのショッピングセンターがありました。
そこはGFが専門店、1Fが惠康、2Fが駐車場に なっていました。
おそらく香港生活最初の食品購入はここだったと思います。

しかし、そのスーパーは私が日本で通い慣れていたオダキューOX や
イトーヨーカドーとは違っていました。

 1st floor : 惠康

まず入るのに勇気が要ります。
三本のステンレスバーのついた回転する門?( スーパーに限らずあちこちの
入り口で見かけますけど、 あれはなんて言うんですかね?)は、
小学生である私の心を萎えさせるのに十分な役割を果たしました。

カリカリッと軽快な音を立てておなかでバーを押し回すと、
もうそこからバックは出来ないのです。
振り返ることは出来ても、 後戻りは出来ない。人生そのものだ。(大げさ)

買うものが見当たらなかったらどうするんでしょうか?

中に入ってしまえば日本のスーパーと同様で、 財布と相談しながら普通に買い物が
出来るのですが、 どうしても日本製の商品をチェックしてしまいます。
お菓子類は結構日本製品と思しきものが売られていて、
袋に「株式 会社」の文字をみつけるとなんだかホッとするのでした。

養命酒を見つけたときは「 なんで漢方薬があるのに香港人がこんなの飲むんだろう」 と
思ったのですが、 あまり身体が丈夫ではなかったせいもあって結局購入(笑)。
麦茶で割って飲むようになりました。

外箱は日本語のままでしたが、 中に入っていた説明書はもちろん中国語でした。
「成人」 の用量の次に「小孩」と書いてあって、
なーるほど、 子供のことを中国語で「小孩」って言うんだ、と即理解しました。
はい、よくできました。

棚には蒸留水とミネラルウォーターが多数並んでいるのには驚きま した。
だって水ですよ、水。
生水が飲めないとは聞いていましたが 、買うもんじゃないだろ。高いし。
1リットルくらいのボトルなん て日常生活ですぐになくなってしまうのに。

こんな高くて重いボトルを買って帰るのはツライので、 ウチではお湯を沸かして
湯冷ましにして飲んでいました( 単にケチなだけ?)。
今は日本でも普通にボトルの水を買いますけどね。 昔はありえないことでした。

私の住んでいたエリアはメイドを雇っている人が多かったので、
重い買い物はメイドに任せていたんだろうと今では思っています。

レジに並んでかごを置くと、日本なら「いらっしゃいませ~♪」 が
聞こえるものですが、ここはまったく無言です。
もっとも広東語で「いらっしゃいませ~♪」 をなんと言うのかは当然わからないので
何を言おうが言うまいが関係ないのですが、やっぱり雰囲気で何かしらわかるモノですよね。
店員さんはむしろ不機嫌そうにも見えました。

しかも$500.-紙幣を出すと必ずウラオモテに透かして見るんですよ
偽札なんて使うワケないだろ、失礼な! それにおつりはもっと丁寧に渡せよ!
あんたは商売の基本がなっとらん!……とは言いませんでしたが、
慣れるまではついついそう思ってしまいました。

ただ、一度だけレジで感心したことがあります。 支払いで小銭を出したときに、
一枚のコインだけヒョイっと返してよこしたのです。 それもほとんど見もせずに。
母は一瞬困惑していましたが、 別のコインを出したら今度はサッと受け取りました。

その返されたコイン、確かにクイーン・ エリザベスの横顔が刻まれていたのですが、
裏返してよく見ると… 、あれ、豪ドルじゃん?

どこか別のところで買い物をしたときに混ざっちゃったんですね、 きっと。

しかし見つけた店員さんは、 なんであの一枚だけ香港ドルではないことが
とっさに判断出来たの でしょうか?母は「レジ台に置いたときの音かしら?」
と言っていましたが、あれは未だに謎です。

ところでここの惠康はWellcomeではなく「Dairy lane(大利連)」と
呼ばれていました。この名称は、Dair y farm牛奶公司とLane Crawford連卡佛が
共同出資して出来たスーパーなので、 両社の名前を半分ずつ採ったものです。

もともと惠康と大利連はラ イバル関係にある別のスーパーだったのですが、
合併してひとつのスーパーに統合されました。
両社の店舗はあちこちに点在していましたから、 店舗の名称をどうするかで揉めたか、
あるいは面倒臭かったのか、 70年代まではどこでも「惠康 Dairy lane」の表示が
普通でした。 だから当時の日本人は皆デイリーレーンと呼んでいましたし、
私は今でもついついデイリーレーンと呼んでしまいます

Dairy Lane
自宅調味料棚から発掘したバニラエッセンス、1979年頃製造

Grand floor : 専門店街

街市ほど広くはなかったと思いますが、茶餐廳っぽい飲食店、 肉屋、八百屋、豆腐屋、
プラモデル屋などがあったのを覚えています。

茶餐廳っぽい飲食店は正面入り口のすぐ横にあり、 外から見えるガラス窓には
「雲呑」の文字が読めました。当時は茶 餐廳で食べるという習慣がなかったので
(小学生ですし)、 結局食べずじまいでした。母にねだって食べておけばよかった。
ちょっと後悔。

乗り物好きなので当然プラモデル屋は大好きでしたが、 なぜかあまり通った記憶が
ないです。 ちょっと高かったせいかもしれません。 置いている商品は日本と
あまり変わりなく、「田宮模型」 がハバをきかせていました。
結局プラモデル本体は買わず、塗料( パクトラタミヤ)は何度か買った覚えがあります。

一番よく覚えているのは豆腐屋です。
この豆腐屋の兄ちゃんはまるで商売っ気がなく、 いつも小さな椅子に座って
ぼーっとあたりを眺めていました。

ここの豆腐は結構おいしくて特に厚揚げをよく買ったのですが、 近寄ると
「豆腐?」 とだけ話しかけてあとはなーんにもしゃべらない
大抵は小さな厚揚げ7、8個を天秤はかりに載せて値段を言うだけ 。
でも袋に入れるときに必ず2、3個おまけしてくれるのです。

だまっておまけしてくれる店って、 香港で出会ったことありますか?

誤魔化せるものは10¢でも誤魔化そうとする人が多い中で、 ここは異色でした。
悪い人ばかりじゃないですよね、 当たり前ですけど。
それとも実は損して得取る商売上手だったのでしょうか?

あの兄ちゃん、今はどうしているかな。孫でも抱っこしてるかな。

さて帰りましょうか。

車は危なくて運転できないし、 坂がきついのでおばちゃん用カートを
引っ張って帰ります。
実はカートを引いて帰るのにもコツというか、注意点があります。 それは、

犬のフンに注意。

道すがら犬のフンがとても多く、 飼い主のマナーの悪さが伺えます。
自分は回避しても、 うっかりするとカートのタイヤで轢いてしまいます。
私は何度か母に怒られました。

道路脇には犬のトイレ、 というかフンを捨てる場所がちゃんとあるんですよ。
1.5m四方 くらいに区切った土のエリアがあり、 犬のイラストと下向きの
矢印が書いてある看板が立っています。
字が読めなくてもすぐわかるようになっていました。

でも、あまり使われている様子がないんです。使えよ。

今回紹介したショッピングセンター、実はまだあるらしいです。
次回旅行するときに行ってみようっと。

(Visited 449 times, 1 visits today)

この記事を書いたライターさん : Shin-EI

Shin-EI
昔むかし香港で暮らした経験がある日本人。乗り物とCDとカセットテープが大好き。

2 コメント

  1. おもしろ~~~~~い
    はじめまして! Junpeiです。
    20年も住んでいると、誰のブログを読んでも感動もびっくりも無く、退屈していたのですが、
    このように私が子供のころの香港の様子を読めるのは、なんとも、今まで味わったことの無い楽しさです。
    ウエルカムの前身があったのですね。興味深いです。
    最初住まわれたのは、山林道あたりでしたか?
    これからも楽しみにしています。

    • Shin-EI

      ありがとうございます。昔の香港を語るブログってどうも見当たらないんですよ。あっても2000年代後半で更新が止まったっきりのブログとか…。ネタ切れになるまで書き続けます。

コメントをする

email addressは表示されません。 必須記入項目 *

*