出来たてCha Siu Baau
ホーム » HKLF's Pick » 避けては通れぬ、九龍城寨の話
避けては通れぬ、九龍城寨の話

避けては通れぬ、九龍城寨の話

Photo copyright : Greg Girald

九龍城寨。そこは今なお伝説に残る香港の暗部。

解体されて20年も経つのに、いまだに危険地帯として話題にのぼる場所。
昔の香港の写真には必ず出てきます。
特に飛行機と一緒に写った写真は何枚でも見つかりますし、
YouTube上でもいくつもアップされているお馴染みのエリア。

昔の香港関係の写真をアップしているFacebookの書き込みなどに
「日本人はどうしてあんなに九龍城寨が好きなのか?」
という不思議そうなコメントを見かけることがあります。
どうやら香港人にとっても日本人の九龍城寨好きは関心事のようです。

私が子供のころは、当然そこは避けるべきエリアとして頭に入っていました。
これは別に親から教わったわけでも学校で教わったわけでもありません。
旅行ガイドブックに書いてあったものを読んだだけです。

とにかく当時のすべてのガイドブックに「危険地帯なので近づかないように」と
書いてあったのですから。ただ、当時は九龍城寨と書いてあるガイドブックは皆無で、
単に九龍城と書かれていました。

「香港の魔窟」「香港のカスバ」「一度入ったら生きて出られない」……。恐ろしや。
しかし「カスバ」ってなんだろう?粕場?

私は香港島側に暮らしていたので、直接近くまで行く機会はありませんでしたが、
たまになにかの用事で九龍側に行くこともあります。
大概はタクシーか父の運転する車なのですが、道すがらの行き先案内板に
「九龍城 機塲 ↑」などと書いてあれば、「危険地帯を通過するのだな」と緊張しましたし、
バスの行き先に「九龍城」とあれば「乗客は香港マフィアかもしれないからあのバスは要注意だ」
などと勝手に思っていました。

そんな危険なところに住んでいる人が実際にいるものなんだな、と変な感心をしながら。
今にして思えば爆笑モノです。でもガイドブックも悪いんですよ。
「九龍城寨」と「九龍城」をちゃんと区別しないんですから。

私が大学に進学したころ、プラザ合意後で円高が急速に進み、あっという間に1HK$が
20円くらいになってしまい(つまり私が住んでいたころの半分)、
不景気にも関わらず海外旅行者が急に増えました。
私も5年ぶりに香港に足を運び、一週間ほど滞在して感慨に浸ったものです。
卒業の少し前は完全なバブル期で、香港へ行く日本人も増え、ブランド品を
買いあさって帰国する人が続出、いまの大陸客同様顰蹙を買っていた時期でもありました。

ちょうどそのころからわざわざ九龍城寨に行く人が増えてきました。
当時はアルバイトの時給が急激に上がり、香港行きのチケット代ぐらいすぐに貯められたんです。
それでバックパックで旅行する人が増えた時期だと思います。
冒険好きの若い旅行者が「地球の歩き方」を片手に、これまでいったい何人の日本人が
カメラを構えて「喂,咩事啊!」と怒られたでしょうか。

そこでやっと気づきました。
どうやら「九龍城寨」と「九龍城」は別物であると。
そして「九龍城寨」は魔窟と言うほどの危険地帯ではない、と。(気づくの遅すぎ!)

「九龍城寨」の成り立ちは、そこが中国側の飛び地のようなエリアになっているので
香港政庁が手出し出来なくなったということになっています。でもちょっとおかしな話です。
人民解放軍が常駐しているわけでもなく、その気になればいくらでも警察が入れたはずですから。

実際、80年代以降香港返還がリアルに迫ってからは警察のパトロールも入っています。
香港は、中国からの移民が合法不法を問わず流入し続けた町です。
100万人以上との推測もあります。
私は香港政庁が「九龍城寨」を移民の受け皿がわりにうまく利用していたのだと思っています。
もっとも受け皿というよりゴミ箱のようなひどい環境でしたが。

麻薬をはじめとする不法な取引、売春、賭博などあらゆる違法行為があったのは事実ですが、
同時に医師、特に歯科医が多いところとしても知られています。
これは中国が文革時代に知識人を迫害したため、生命の危機を感じた医師をはじめとする
知識人が逃げてきて、住む所もないので転がり込んだからです。
その医師免許は中国のものですから英国領の香港では通用しなかったので、
やむを得ず不法開業になってしまったわけですね。
ですから住民の多くは普通の人で、もろに「ヤクザ」な人はむしろ少なかったはずです。

私が就職してから出会った人で面白い人がいます。
「九龍城寨」で生活していた経験がある日本人Yさん。
彼は香港関係の著作が何冊もあり、コラムも多数あるのですが、彼の文章によれば
「治安はむしろ良かった」そうです。中にはちゃんと学校も幼稚園もありましたし、
住民の意識が意外に高く、自治会がしっかりしていたと言うことです。

住民相互の仲間意識が非常に強く、ヤクザも城寨内では堅気の住民とケンカしなかったんですね。
常識的な行動をしている限り、城寨外より治安が良いと言うのは納得がいく話です。

懷舊人物之叁 / NOSTALGIC PEOPLE ( MK III )
城內居民生活

住民は知識人が多く意外に常識的で結束力もある。
それがなぜ「魔窟」とか尾ひれのついた話になったのか?
外部の人間が誰かの手引きで城寨内部に入り、違法ストリップ興行を見れば、
あぁ、やっぱりここは無法地帯なんだなと思うでしょうし、公然と犬鍋を食べられるのも
ここだけですし、もし一度でも薬物依存患者を見かければそれが日常だと思ってしまう。

用もないのに入り込んで勝手に写真を撮られれば、ヤクザじゃなくても
コラ、あんたなにやってんだ?となりますよね。
そうやって首根っこを掴まれた人が叩き出されて「やっぱりあそこはコワいところだった」と
友達に話をすればこれは伝言ゲームになるんでしょうね。
結果、外から見えないもんだから好き勝手に伝説を作り上げていったんでしょうね。

なんとも無責任で、怖い場所どころかむしろ誤解されていたかわいそうな場所に思えてきます。
結局、生きて出られないなんて大ウソでした。
大体死体を埋めるスペースなんてどこにもないのに…。

それでも懲りない日本人は、川崎にこんな施設を作ってしまいました。
18歳未満入場不可のゲームセンターだそうです。なんともはや。

(Visited 11,838 times, 3 visits today)

この記事を書いたライターさん : Shin-EI

Shin-EI
昔むかし香港で暮らした経験がある日本人。乗り物とCDとカセットテープが大好き。

4 コメント

  1. いつも楽しく読ませてもろてます。
    九龍城塞跡地の公園で、昔はこうやったああやったいう写真の中に
    香港人の友達が自分のおじさんがうつってる写真を発見し
    その写真と一緒に記念撮影してたのは楽しい思い出です。
    香港に住み始めたばっかしの時にはまだ人が住んでたはずですが
    全く記憶がありません。行っとけばよかったと思いました。

  2. Shin-EI

    ありがとうございます。38年前は小学生だったので、本当に怖かったんです。大人になってからも結局内部には入りませんでした。

  3. 貴重なお話です。

コメントをする

email addressは表示されません。 必須記入項目 *

*