出来たてCha Siu Baau
ホーム » HKLF » 香港における私のルーツ、あのドラえもんの家に戻ってみた

香港における私のルーツ、あのドラえもんの家に戻ってみた

皆さん、香港ライフファイルの『私のルーツ、ドラえもんの家。香港スローライフのすすめ』なる
記事は読んだことがあるだろうか。香港にやって来たばかりの私があんまりにも香港らしくない
辺境の地に居を構えてしまったという奇妙な話だが、今回はそれを踏まえたものなので、
まずはご一読いただき、興味を持たれた方のみ、さらに読み進んでいただきたい。

懐かしのあの場所に戻ってみた

待ちに待った休日。好きなだけトラムにでも乗って香港島を歩いてやろうかとも思ったが、
朝からそれは気持ち良い青空が広がっていたから、私の心はやはり郊外に向いてしまった。
狭い街だというのに行き先だけは不思議といくらでも浮かんでくる。

しばし考える。・・・久々にあの場所に戻ってみるか。

汀角路
大埔、汀角路。
吐露港沿いをぐるっと回るサイクリングコースの最終地点に近い場所。
土日になるととたんに発生するサイクリング客。静かな住宅、山、海。
それ以外はほとんど何もない場所。だが、紛れも無く私の香港における原点である。

吐露港
ここにはセブンイレブンや茶餐廳すら無い。
例えば夜中にアイスが食べたくなってもバスで20分がかりで街にでないといけないし、
尖沙咀のオフィスに通うのだって片道一時間半くらいかかってたと思う。
だけど、ここで過ごす休日の素晴らしさはそれを補って余りあるんじゃないだろうか。

あいにく曇り空に。写真も残念なものになってしまったけれど、
青空のもとに広がるマングローブに囲まれた海。ほとんど波が立たないから鏡みたいな水面。
それを独り占めするかのようにして、小鳥がさえずる声を聞きながら遅い食事をとる朝。
理想的な生活である。

汀角路
私の住んでた村の入り口。
大埔の古びた自転車屋でブレーキがほとんどきかない中古自転車をHK$400で買って、
毎日ここから中文大学まで往復26kmの道のりを自転車通学していた。

大埔
村で唯一のお食事処。邦利士多。
お世話になったあの人はまだいるのだろうか。

林太
いた、いた。相変わらず元気な林太。
何年ぶりなんだか分からないくらいだったけれど、会うなりすぐに「アイヤ〜」が飛び出した。
オランダに住む娘さんに子供が出来たそうで、めでたくお祖母ちゃんになったそう。

豉椒排骨炒烏冬
昼食はもちろん豉椒排骨炒烏冬。
香港に来たばかりの頃、これには本当に救われた。
今思えば、これより美味いものは香港にいくらでもあるけれど、まさに想い出の一皿。
通常メニューには無いこの烏冬、私のために特別に作ってくれた。

汀角路
実際に住んでいた家の前にも。
そう、この坂。平和な村が突如血の海と化した、あのマフィア事件の舞台でもある。
家賃も当時は庭付き700sq ftで5,000香港ドル未満だったように記憶しているけれど、
今じゃこんな辺境の地だというのに軽く10,000超えの世界になってしまっている。

いちご
村では苺摘み農園も。香港で苺摘み?出来るんです。
しかもめちゃくちゃ甘くて美味い。
よく盗み食い苺摘みに行っていたなぁ。

旅の途中に見慣れないものが見つかってしまった

ところで今回私は少し手前でミニバスを降りて、汀角路をてくてく歩いていたのだが、
想い出の場所への道すがら何やらのっぴきならないものを発見してしまった。
私がここに住んでいたころにはこんなもの絶対無かったはずである。

観音
分かるであろうか。この写真に何かとてつもなく違和感があるものが写っている。

観音
よく見えない、なんて言う困った人のための拡大画像。
この観音、家の屋上においてある置物なんかじゃない。
山肌に建ってるようなのだけど、異常な大きさなのだ。

こんなものを発見してしまったが最後、寄り道開始である。
見知らぬ村の路地を入る。

名も知らない辺境の村と観音様

村人
第一村人発見。え?やっぱり見えないって?画面中央からやや右に注目。

ヤギ
香港にヤギなんていたのか・・・。
野生化した牛はよくみかけるけれど、ヤギとの遭遇は初めて。

坂道
今思えばその場でGoogle map等で距離や道を調べながら進めば良かったのに、
そこらへんは行き当たりばったり。こんな坂を延々と登る羽目になる。
こういう計画性の無い歩き方も一人旅の醍醐味。

慈山寺
坂道を登り切ると立派な門が現れた。名を慈山寺というようだ。

慈山寺
残念ながら一般公開は行われていないらしいので、外から写真を一枚。
新築の寺にも関わらず、十分に厳かな雰囲気が漂っている。
香港で出会う残念なお寺たちとは一線を画する美しいお寺。

ちなみにこの寺、あの李嘉誠の息がかかったものだという。
個人でこんな巨大な寺や観音を建ててしまうなんてまさにケタ違いの金持ちである。

ウェブサイトを見ると、たまにイベントがあったり、予約をすれば入れるようなことも
書いてあるので興味がある方はぜひ。

ということで、今回のルーツに戻ってみる旅はここで一旦終わり。

付近にはバーベキュー場として有名な大尾督も徒歩圏にあるのだけど、それはまた後日。

目まぐるしく常に動き続けていなくちゃならない香港での生活。
時には息苦しくなって、ついついストレスフルになってしまうことも少なくないのだけど、
そんな時、こうして振り返れることが出来る原点が変わらずあることは幸せなのかもしれない。

それが場所であっても、料理であっても、自分に向けられる笑顔でもいい。
「現代人の住む場所ではない」と話す度に香港人に切り捨てられるこの場所は
紛れも無く私にとってのそれであり、今後も変わらず香港らしくなくあり続けて欲しい。

一日中村から出ずにソファーの上で死んだように眠ってる老人や、
毎日バーベキューに麻雀に精を出して人生を謳歌している村人たちの姿を思い出してみると、
当面は大丈夫かなっとも思ってはいるけれど。

(Visited 1,490 times, 1 visits today)

この記事を書いたライターさん : HKLF

HKLF
Cha Siu Baau編集係。偏見に満ちた愛と独断で香港をぶった切る異色ウェブサイト「香港ライフファイル」著者でもあったりします。

13 コメント

  1. 5年ほど前から馬鞍山に住んでおりますが、当初対岸(大美督)の大仏はなかったとおもいます。いつの間にか出来上がりつつあった大佛がある日突然目に入ってきて何だアレってびっくりしたのを覚えています。
    大美督あたりの雰囲気は良いですね。大美篤と表記してあるのもみかけますが、発音が同じならどっちでもいいのでしょうか。
    ごくたまにサイクリングで馬鞍山から大美督までの往復やその先の新娘譚、上水経由の70キロコースを走りますが、ちょうどボトルの水が空になるのが写真のおばちゃんの店あたりで、そこで水の補給をしたりしてます。

    • HKLF

      普通にここら近辺のことが話せる方が見つかって嬉しいです。笑
      でも馬鞍山から大美督(私がちょうど住んでいた頃から徐々に表示も大美篤から変わりました。)、またその先とは随分とハードな行程ですね。
      しかも土日になると、普段自転車に乗らない香港人たちがたくさん湧いてくるので、真面目に走る人にとってはなかなかストレスかなと思ったりもします。
      毎週のように自転車同士の事故が起こるため、もう大美督に病院作っちゃえばいいじゃん!なんて思っちゃったくらい救急車の音を聞いていました・・・。

  2. 元々が大美篤と表記していたのですね。知りませんでした。誕生日も一日違いのようですし(私は11日です)、いろいろとその近辺のおも話聞きたいですね。

    実は自転車初心者よりサイクルロードを歩いたり横切る歩行者のほうが怖かったりします。音楽聞きながら左右確認もせずに横切ろうとしますから、こちらがヒヤッとすることが結構あります。

    大美督がサイクルロードの終点のようですが、その先は車の交通量もぐっと減って緑が多くて気持ち良いですよ。

    綾瀬はるかの金ピカ仏像の動画見つかりましたか?まだなら低画質で良ければ持っています。

    • HKLF

      大美督より先は確かバスも土日しか走っていないようなまさに辺境の地ですよね。
      私はよく大美督の堤防を渡りきって、そこから更に進んで(自転車は進入禁止ですが)釣りをしていました。
      陸からイカがたくさん釣れて、毎日のように焼いて食べてたのが懐かしいです。
      動画の件もご丁寧にありがとうございます。インターネット上で見つかりました。ありがとうございます!

      • あそこイカが釣れるんですか!釣るのにライセンス必要ですか。すごく興味があります。

        • HKLF

          ライセンスは不要ですよ。途中、自転車が通れない門がありますが(私は一回降りて無理やり通してましたが)さらに先に行くと小さな防波堤があります。
          そこでエギングすると、昼間でもビックリするくらい大物のアオリイカが釣れちゃいます。

          正確な場所はここです。
          https://www.google.co.jp/maps/place/%E9%A6%99%E6%B8%AF+%E5%A4%A7%E7%BE%8E%E7%9D%A3/@22.4551714,114.2579108,18z/data=!4m2!3m1!1s0x34040854b3f48995:0x222549ae63b9c0ba

          • ありがとうございます!
            アオリイカというと中国語では魷魚ではなく墨魚のほうでしょうか。
            イカ大好きなもので、ものすごくありがたい情報です。
            大美督と新娘譚の間にキャンプサイトがあるので、いつかそこでテントを張って釣ったイカをダッチオーブンで天ぷら、イカフライにしてイカづくしのキャンプをしてみようと思います。

          • HKLF

            何ですか、そのキャンプ・・・。イカの天ぷらにフライが食べ放題。悪魔的な魅力ですね・・・。

          • イカすキャンプにしたいと思います。ご一緒にイカがですか。(昭和オヤジギャグすみません)
            ところで私は無意識に大美督と書いていましたが、結局下記のように4通りの書き方があるということでしょうか。
            大尾督/大尾篤/大美督/大美篤

          • HKLF

            わー、昭和生まれの私にテイストを合わせてくださってありがとうございます。

            当て字に関しては何でもいいんだと思いますよ。
            大尾篤から大美督がメジャーですが、他で書いても通じるかと。

            そういえば、楽富っていう場所がありますが、あそこも昔は老虎だったと聞きました。(ちょっと似てますよね)
            香港にも虎がいた時期があったからだとかその人(中文大学の先生)はお話されていましたが。

          • HKLF

            やはり本当にいたんですね!
            こんな都会だというのに、虎(いなくなりましたが)、コブラ、ニシキヘビ、大量の野生牛、猿、鹿、猪・・・。
            意外にいろんな動物がいますよね。

  3. 私は昭和四零后なので地が出てしまっただけで合わせたわけではないのですよ。
    それよりチャットのようにだらだらとコメント続けてしまってすみません。
    たしかに茶餐廳でも蛋を旦やら飯を反などと書いてますよね。こちらは速記的な意味合いなのかもしれませんが。
    樂富はごくたまに吉之島(現在アピタ)へ買い物に行っていました。老虎という地名だったとは。
    將軍澳もマンションも何もなかった15年近く前は英語ではJunk Bayと言っていたのですがTseung Kwan Oになってますね。

コメントをする

email addressは表示されません。 必須記入項目 *

*