出来たてCha Siu Baau
ホーム » HKLF » 春の訪れを告げるもの – 香港・長州島の桜

春の訪れを告げるもの – 香港・長州島の桜

もう… 春だと思う。
まだ2月中旬だと言うのに連日20℃を超えている。
冬物の衣服もそろそろ本格的にタンスの奥深くに追いやっても良さそうだ。

とは言うものの、今のところ気温の上昇以外に春らしいものを感じないし、
私が一方的にその到来を宣言するような権利も資格もない。

春が来ているのか、まだ来ていないのか。

それをこの目で確認したい。気づけば、私は朝のフェリーの船上にいた。

向かったのはあの島

香港は旧正月真っ只中。
ほとんどの会社が休みになるから、いわゆるメジャーなレジャースポットは
普段以上に人、人、人。こんなに人がいたんだっていうくらいの混雑。

そういうことを経験的にわかっているから、今日は朝9時にはすでに目的地に向かっていた。

長州島
海。

長州島
立ち並ぶ小食店。

長州島
自転車。

長州島
どことなく懐かしい街並み。

と来れば、もうお分かりであろう。

長州島
そう、長州島である。
そのちょっと懐かしい独特の空気と、豊富な食の魅力で香港市民を惹きつけてやまない離島。
私もこの島の大ファンで、ちょっとストレスが溜まるとすぐにここに戻ってきてしまう。
そんなありがたい場所。

約10分間のウォーキングで目的地に到着

またいつものように魚旦を頬張りながら小食巡りをしてしまいそうになるが、
そこは涙を飲んで我慢。今回の目的、春の風物詩を探すことに専念する。

長州島
春は海沿いには存在しない。ちょっと坂を登る必要があるのだ。

長州島
元気な地元の子供たちに何度も追いぬかれながら坂道を登り切ると、こちらに到着。
關公忠義亭。ここが目的の場所。

春の訪れを告げるもの

長州島
旧正月ということもあって、地元の人々がいつもに増して信仰を捧げる關公忠義亭。
その庭に確かに春は咲き誇っていた。

長州島
桜。日本人が心から愛する春の風物詩。
やっと確信した。香港にはもう春が来ていたのだ。

なんて局所的に見せるととっても期待しちゃうかもしれないけれど・・・

長州島
遠目に見ると実はこれだけ。写真撮ってても、桜撮るっていうより人を撮ってる感じ。

長州島
それでもここ香港では貴重な存在。
花の量自体は多いから、それなりに花見している気分にはなれるかもしれない。
(やはり人が多いことが気になるけど)

長州島
開花情報なんてまったくチェックしてなかったし、むしろこれから見に行く人のために
良いかも、と思ってたんだけどもう満開と言って良い程。

長州島
メジロなんて飛んでこようものなら、日本人の心はくすぐられまくりなわけで。

ちなみに香港にも桜を見ることができる場所は他にもいくつかある。

Sakura in Hong Kong

そんな中で長州島の桜は今が見頃。
旧正月中にお時間がある方、今年の春は日本に帰れないっていう可哀想な方(私含む)、
香港でお先に花見を楽しみたいって旅行客の方々。ぜひこの連休中にどうぞ。

ということで、ここ香港に春が到来したことをここに宣言!・・・していいよね?

Cha Siu Baauからのお知らせ・更新情報は Facebook/Twitterでキャッチ!
 

(Visited 1,633 times, 1 visits today)

この記事を書いたライターさん : HKLF

HKLF
Cha Siu Baau編集係。偏見に満ちた愛と独断で香港をぶった切る異色ウェブサイト「香港ライフファイル」著者でもあったりします。

コメントをする

email addressは表示されません。 必須記入項目 *

*