出来たてCha Siu Baau
ホーム » Shin-EI » 開枱!麻雀観察記

開枱!麻雀観察記

麻雀、やります?
私は学生時代にそれなりにやりました。

でも香港人の麻雀好きはそれなりなんてもんじゃありません。
大晦日にも麻雀。春節にも麻雀。結婚式にも麻雀。去年はこんなケーキが話題になりましたし、麻雀好きなんですねぇ、皆さん。

麻雀

出典:G.O.D.

これ欲しかった。

大体、大晦日や春節ならいざ知らず、「結婚式で麻雀」なんて普通の日本人にとっては思いもつかない事なんですが、私が知っている限り昔から結婚式と言えば麻雀で始まっていました。あのデカい牌でジャラジャラやるのは今も昔も変わらぬ光景です。テレビドラマなどで結婚式のシーンがあれば、麻雀が映っていました。
この習慣がいつから始まったのかは不明ですが、未だに廃れないのですから今後も伝統行事として続くんでしょうね。

麻雀を打つことを広東語の言い回しでは「遊干水」と言うそうな。妙な言葉ですが、ツモる時の腕の動きが水泳のクロールみたいだからなんだとか。

さて、香港で麻雀を打ちたいとなれば、廟街みたいな下町をウロウロすれば雀荘がいくつも見つかります。ただ、日本人で香港の雀荘に入った人はほとんどいないと思います。
結婚式の麻雀は社交の意味合いがあるのでほのぼのしていますが、雀荘で打つ麻雀はほぼ100%現金決済のギャンブル。黒社会関与の噂もあるちょっと怖い所です。あまりお勧めの出来るところじゃありません。
そんな怖いところに出入りしなくても、かつては街のそこここで麻雀を打つ姿を見かけました。ブリキの缶からジャラジャラと牌を出して広げるのですが、あの大きさですから重い。材質は石でしょうか?

しかし、あれだけ麻雀が好きな香港人なのに、全自動麻雀卓というものを見たことがありません。
全自動卓は日本人の発明によるものです。あれは牌に磁石が入っていて機械が自動で並べてくれるのですが、香港の巨大な牌では難しいのかもしれません。
もしかしたら雀荘ではすでに普及していたりして。

持ち運びに便利な紙の牌もあります。

麻雀

もっとも最近の若い人は昔ほどやらないようです。日本と同じくスマホに夢中の若者には麻雀を打つ時間の余裕はないのかも知れません。なにしろヒマ人4人が揃わないと始められないですから。

出典:賓陽社区 http://www.by8.cn/

出典:賓陽社区 http://www.by8.cn/

あれ?
風はどうするの?

香港の麻雀はなにしろペースが早いです。ルール上半荘で終わらず必ず一荘やる(結婚式は除く)のですが、判断力が鍛えられるゲームだと言えます。
いや、もしかしたらちゃんとした判断なんてしていないのかもしれません。彼らは実によく鳴きます。日本の麻雀で「哭きの竜」のマネをしたら100%勝てませんが、香港人は全員「哭きの竜」(但しセリフは名言でもなんでもなくただの粗口。笑)なので、門前で丁寧に役作りなどしていると先に上がられてしまい、賭け金を支払う羽目になるのです。安くても早く上がるのが鉄則です。
お金を賭けない麻雀は衛生麻雀と言うらしいのですが、普通はまずやらないそうです。

日本の麻雀と香港の麻雀は細かいところでルールが違っています。
ルールを説明するのは大変なので、まずはYou tubeをご覧下さい。日本の麻雀が打てる方ならおおよそ理解出来ると思います。
(尚、この映像は実戦ではなくビデオ撮影のために遊んだようです。)

基本は同じです。映像で分かるように、花牌も使います。

このビデオによれば花牌を手元に置くときは「補花」、捨牌の時は「打」、鳴いた牌を手牌に入れる時は「入章」、ツモった牌を手牌に入れる時は「摸入」と言っています。

以下テキトー意訳。
「なんで萬子ばっかりツモってくるの?(イラッ)」「ついに4索鳴けた」「7索また入っちゃった」「テンパった!(喜)」「二萬イラネ、しっしっ」「どうしよう?東切る?」「ピンフにしておきたいから東切り!」(注:ピンフは日本では「平和」なんですが字幕は「平胡」になってる)「もしかして5筒?やった!5筒キターーーーー!」

鳴いても平和が成立するのが香港流です。ですから上がりは混一色、平和、ツモと立派なものなんですが、よく見ると789の筒子で一盃口が出来ているのに役に数えていません。一盃口は無いのかな?せっかく出来たのにもったいない。
又、花牌は集め方によって一翻つくようです。

字幕の「番」は「翻」のことですね。なんで日本では「翻」を使うのに香港では「番」なんでしょうか?逆なら分かるけど…
それに「和」は「胡」に置き換えられています。「天和」「地和」「人和」もそれぞれ「天胡」「地胡」「人胡」になるわけです。日本の麻雀用語は北京語から来ているものがほとんどで、確かに広東語だと「平和」をピンフと読ませることは出来ませんが、いつどこで「和」派と「胡」派に別れたんでしょうか?調べるのは難しそうです。

尚、符計算はしないみたいです。日本でもローカルルールで符計算しない所があります。実は私も昔はしないルールでやってました。

こちらは実戦しているところ。

一局終わった後で、後ろで見ていたおばちゃんがゲラゲラ笑っているのはよくある光景。

見て分かるとおり、牌が大きいので山も大きく、雀卓の縁に対して斜めに並べています。日本と一番違っているのは捨牌を河にして並べずに、雀卓の真ん中にポイポイ投げることです。
つまり、フリテンがないのです。誰が何を捨てたかなんていちいち覚えていられないので物理的に不可能ですよね。当然リーチも先付ルールもありません。
でも、一度見逃した牌で上がれるってことは3人のうち特定の相手を狙い撃ち出来るのですが、そこは良くしたもので直撃されなかったほかの2人も四分の一ずつ支払うことになっているのです。
とにかく自分が上がらないとダメなんですね。「哭きの竜」だらけなのも納得です。

そんなわけで、基本的なルールとしては

1. フリテンなし、リーチなし
2. 日本で言ういわゆる「アリアリ」。喰いタン、後付あり
3. ドラはなし。当然ウラドラもなく、王牌も残さない
4. 役がなくても上がれる。但しかなり安い

この辺でしょうか。
もしかしたらほかにもローカルルールがあるかもしれません。

ところで、最近こんなホステルが出来ています。

http://themahjonghk.com/?lang=zh-hant

麻雀出来るかもです。

Cha Siu Baauからのお知らせ・更新情報は Facebook/Twitterでキャッチ!
 

(Visited 1,367 times, 1 visits today)

この記事を書いたライターさん : Shin-EI

Shin-EI
昔むかし香港で暮らした経験がある日本人。乗り物とCDとカセットテープが大好き。

コメントをする

email addressは表示されません。 必須記入項目 *

*