出来たてCha Siu Baau
ホーム » Shin-EI » Back to the ’80!
Back to the ’80!

Back to the ’80!

地価高騰などの理由により、次々と老店が消えてゆく香港ですが、その風潮は香港人にとって(そして香港好きな日本人にとっても)決して愉快な出来事ではありません。

それでもその風潮に抗うような店も存在します。

北角にこんな車仔麵の店が出来ていました。

萬歳
http://hk.apple.nextmedia.com/realtime/magazine/20150423/53663780

開店したばかりでかなり綺麗です。
店内の装飾は80~90年代を髣髴とさせるものばかり。

おお!
玉郎漫画が読み放題!
(当時のTVコマーシャル)↓

昔のおもちゃがたくさんある!
初代ファミコンもゲームボーイも置いてあるし!

香港人にとって80年代とは、経済成長が顕著で、香港返還がまだちょっと意識から遠かったころで、一番良かった時代だったというのが大方の評価です。

ここでオーダー出来るドリンクで注目なのは「綠寶Green spot」です。
「綠寶Green spotって何?」という方が多いと思います。これは1950年代に香港で売り出されたオレンジ味のドリンクで、原産国はアメリカ。日本で言えばバヤリースオレンジみたいな、比較的上品な感じでした。

当初の代理店は「牛奶公司」だったらしいのですが、資料は少なくあまりよくわかりません。一旦販売停止後に「淘化大同(淘大)」があらためて生産を始めてからは人気が出て、60~70年代には香港を代表するドリンクとなりました。ちなみに2003年のSARSで有名になった「淘大花園Amoy Gardens」は、もともと淘大の醬油工場の跡地をマンションとして開発したものです。

この「綠寶」は瓶入りで、スーパーなどにはあまり置いておらず、基本的に士多で買うドリンクでした。80年代以降、旧来型の士多が減ってゆくにつれて「綠寶」も見かけることが少なくなり、テコ入れをして紙製のブリックパックと缶入りを発売したもののすでにユーザーの心は離れていて、ジリ貧の末数年前に生産終了となりました。
姉妹品で「紅寳」というのもありましたが、こちらは短期間で消滅してしまったので香港人でも覚えている人はあまりいないようです。グーグル検索でも引っかかりません。
現在はタイで生産しており、香港では輸入食品を扱う店でごく少数発見(笑)されることがあります。ここの車仔麵店でもタイから輸入した「綠寶」を置いています。


肝心の車仔麵ですが、私は食べていないので味の判断はつきません。サイトの紹介文によると昔の作り方を踏襲しているようです。

店の外にはガチャガチャがあり、一回$10でバッジが買えるのですが、当たりが出ればドリンクもう一本などのアトラクションもあります。

旧世代香港迷としては次回の旅行で絶対に行きたい場所です。

住所 北角炮台山宏安道2-12號宏暉大廈地下9號舖
電話 3105 9681
営業時間 12:30 – 20:30
座席数 10
オクトパス使えます(ここだけ21世紀!)

Facebookページ
https://www.facebook.com/hoorayhk

Cha Siu Baauからのお知らせ・更新情報は Facebook/Twitterでキャッチ!
 

(Visited 535 times, 1 visits today)

この記事を書いたライターさん : Shin-EI

Shin-EI
昔むかし香港で暮らした経験がある日本人。乗り物とCDとカセットテープが大好き。

2 コメント

  1. 緑寶って、懐かしい響きというか文字ですね!
    今度、ぜひ行ってみます。それまで営業続けられるか、という懸念もありますが(笑)。

  2. Shin-EI

    有難うございます!緑寶、飲んだことありますか?私はどうもタイミングが悪く、飲んだことがないので心残りだったんです。今度こそ、と思っていますがおっしゃる通り、最近は店舗の入れ替わりが激しいらしいですからね…

コメントをする

email addressは表示されません。 必須記入項目 *

*