出来たてCha Siu Baau
ホーム » HKLF » やっぱり夏なのである
やっぱり夏なのである

やっぱり夏なのである

それは私がまだ大美督という、香港と呼んでも良いものか躊躇ってしまうような
田舎に住んでいたころのお話。とある香港人が私のうちへと尋ねてくるなり、
嬉しそうに私にこう語りかけてきた。

「君の家のすぐそばでホタルを見たよ。随分と趣があるところじゃないか。」って。

私はそれまでそんなロマンチックな生き物を家の近くで見たことがなかったし、
実際にあたりを見回してみても、それらしきものは視界に入らなかったから、
この人はいったいホタルというものがどんなもんだか知ってるんだろうかと率直に思った。
大体、いくら田舎だとはいえ、この大都会にホタルなんているわけがない。
私のイメージで言えば、もっと自然が豊かで、綺麗な水が流れる場所が彼らには必要である。

そういう常識が瞬く間に私の頭を駆け巡ったものだから、私はすぐさま
「ホタルなんているわけがないだろ。そもそも、ホタル見たことあるの?」
なんて随分と失礼な結論を一方的に押し付けてしまった。

しかし、それからしばらく経って、私は自宅付近で本当にホタルに遭遇する。
あの時の友人には謝りたい気持ちでいっぱいになってしまったけれど、
一方でまさかのホタルとの出会いにはとても感動したのを今でも覚えている。

そもそも、ホタルと言えば夏の風物詩のひとつ。
儚い光を放ちながら飛び回るさまは、涼しい夜風とも相まって
なんとも言えない風情を感じさせてくれる、日本の夏に欠かせない貴重な存在。

そういう侘び寂びの世界から飛び出してきたような彼らに、
このコンクリートだらけの街で意表を突かれたように出会ったとき、
やっぱり夏は良いと思ったし、特に日本の夏は良かった、と思った。

ホタルの他にも、香港の勢いだけしか取り柄がないようなアレとは違って
しおらしく上がっては散っていく可憐な花火。窓の外で涼し気に鳴る風鈴。
山から湧き出る冷たい水で冷やされた大きなスイカ。(都会の人は分かんないだろうなぁ)
夏を楽しむということを日本の人はよく知っていると思う。

それに比べて香港の夏。
香港人は馬鹿の一つ覚えかって言うくらいに「好熱呀。好熱呀。」を連発。
狂気なまでに酷使されるエアコンによって冷凍庫化した室内へとひたすら退避を続ける。
そこには夏を楽しむという発想はおおよそ存在していないように見えるし、
そもそも一年のうち半分くらいが夏みたいなもんだから、有り難みもくそもないのだろう。

私は日本にいた時から変わらず、香港でも夏が大好きであることを
公言しているけれど、他の人がそう思っちゃいないことくらい、私にだって分かる。
だからこそ、夏を思い切り謳歌したい自分とテンションだだ下がりな周りとの温度差には
毎年多少のストレスを抱えつつこの季節を過ごしているわけである。

しかし。
今年の夏は例年に比べて少しマシなものになるのかもしれない。
それはおそらく日本への出張が時期良く入ってくれそうなのも影響しているし、
もしそれが実現すれば、ホタルやスイカは無理だとしても、
花火大会のひとつくらい見に行けるチャンスもあるだろうという期待感もある。

そして、地元である香港でも夏らしいことを何かしら出来ればと思っている。
それは例えばBBQ。
日本の感覚で言えば、夏に海でバーベキューなんて割と普通だと思うのだけれど
その調子で香港人に話しかけてみても、まず間違いなく黙殺である。
秋から冬の薄ら寒くなってきたころに暖を取るように肉を焼く。それが香港流。
わざわざ熱い季節を選んでBBQなんて彼らにとっては自殺行為でしかないのである。

よって、この真夏のBBQは日本人の方と行くしかないのだろう。
とは言うものの、香港にあんまり日本人のお友達も多くないものだから、
これを読んだ人たちから「今度、離島で肉焼くからどう?」だとか、
「一緒に魚でも釣りながらBBQ?」なんてお誘いが来ることなんてことも期待しつつ。

ともかく。やっぱり、香港も夏なのである。

Cha Siu Baauからのお知らせ・更新情報は Facebook/Twitterでキャッチ!
 

(Visited 1,014 times, 1 visits today)

この記事を書いたライターさん : HKLF

HKLF
Cha Siu Baau編集係。偏見に満ちた愛と独断で香港をぶった切る異色ウェブサイト「香港ライフファイル」著者でもあったりします。

コメントをする

email addressは表示されません。 必須記入項目 *

*