出来たてCha Siu Baau
ホーム » Shin-EI » 人類は麺類

人類は麺類

美食の町香港で暮らしていても、毎日中華ばかりでは飽きてくることもあります。母が作る料理は中華系が多く、おかずに蠔油菜心なんぞをしょっちゅう食べていたのですが、所用で出かける時には外食することもあります。
そんな時に和食を食べることがあるのですが、これが高いんですね。
特に昔は和食レストランが少なくて、有名どころでは大丸のテナントだった「大和」などがありましたが、特においしいわけではなかったです。おいしかったのは「金田中」ですが、ここは日本の本店が料亭なのでかなり高く、2回くらいしか行ったことがありません。松茸の土瓶蒸しもう一度飲みたかったなあ。
その他にも日本人倶楽部にレストランがあり、カレーライスとか鰻丼、カツ丼など丼ものとかチャーハン(中華じゃん…)とかがあったので、中環に行く用事があるときはここに寄ることが多かったです。

しかし、非常に残念なことに「ラーメン」がないのです。
小学生だった頃の私、香港に住む前は「ラーメンはもともと中国料理であり、香港にも当然ラーメン屋がある」と思っていました。
ところが現実は違っていました。「ラーメン屋」が一軒も見当たらないのです。
当たり前ですけど。
かろうじて覚えているのは先述の「大和」に「中華そば」があったくらいです。大体「ラーメン」と「中華そば」が同じものだという認識もなく。しかもそんなにおいしいわけでもなく。
粥麺店か茶餐店に行けばもちろん麺類はあるんですけどね。ただ日本のラーメンとは大分違いますし、町を一人で出歩けないので入ったことがありませんでした。

で、どうしてもラーメンが食べたいわけですよ。

幸いなことに、インスタントラーメンだけは日本製が入手出来たので結構食べました。

香港に於けるThe・ラーメン、出前一丁。
出前一丁
(ソース:日清食品)

出前一丁
なぜか家にある出前一丁クリアファイル。どこで入手したか記憶なし。う~む???

こんなお店もあるし。
香港魂
このブログおすすめですよ~。

37年前の当時、日清食品のインスタントラーメンは3種類あり、それぞれ別のTVCMを流していました。

まず、今は生産していない「日清伊麵」というのがありましたが、これはチキンラーメンの香港版です。
テーブルの上にうやうやしく置いてある蓋付きの丼。四方八方からいろいろな手が伸びて、一人が蓋を取った瞬間「嘩~!」となる実写CM。

そして定番「出前一丁」。こちらは昔のパッケージ。よくこんな写真残ってたな…
出前一丁
(ソース:香港今昔)
高品質ラーメンだって!

もう一つ、「麻油雞湯麵」というのもあったのですが、実食はしませんでしたのでどんなラーメンかは不明。
ただTVCMが印象的で、アラビアンナイト風の清仔が洞窟の扉の入り口で「芝麻開門!」「雞湯麵開門!」と叫ぶと扉が開き、中には「麻油雞湯麵」が山積みになっているというお話。
以下は某ブログからのコピペ。

父親和二姐係一個回家入門前,人未到聲先到的人,小時候他們永遠不會按門鐘,而是離家門老遠便聲叫嚷:「芝麻開門,雞湯麵開門!」

小時候的我,很喜歡他們的回家聲音,因為他們總會有些東西帶回家。

到了成年,便很怕他們回家仍叫嚷:「芝麻開門,雞湯麵開門!」,因為搬了新式屋村,鄰舍關係及習慣已不如往昔般。

不過,父親在廿多年前已經封口,他們現在可能在天家會再一齊大叫:「芝麻開門,雞湯麵開門!」

おお!私の他にも覚えている人がいるではないか!

「麻油雞湯麵」はセリフのみですが、「日清伊麵」と「出前一丁」はCMソングが同じでした。これの原曲は「青春舞曲」というウイグル族の民族音楽なのですが、よくお遊戯ダンスに使う曲として香港の小学生なら誰でも知っています。これに日清食品が歌詞を付けてCMソングに仕立てたんですね。
誰かYou tubeにupしてくれないかな~?。原曲の青春舞曲を貼っておきますけど、もちろんCMとは歌詞が違いますよ。

「日清伊麵」と「麻油雞湯麵」の写真はいくら探しても検索に引っかからないのですが、唯一見つけたのがこの写真。「出前一丁」も含めた3種類そろい踏み!これは貴重!
出前一丁
(ソース:Old Hong Kong at W Foundation)

どうやら「麻油雞湯麵」の輸入代理店は別の会社らしいです。なんともややこしい。

バッタもんもありますね。
出前一丁
(ソース:蘋果日報)
この情けない表情!メーカーは恥ずかしくないんだろうか?

ところで日本のラーメンと言えば日清以外ほとんど見かけなかったのですが、なんと「チャルメラ」があったんですね。実物は見た覚えがないですけど。

出前一丁
(ソース:吳昊(老花鏡))

さらにはこんなのも。蟹王麵
出前一丁
(ソース:師奶網)
これはいつからあるんでしょうか?当時は見たこともないラーメンです。わざわざパッケージに「日本製」と書いてありますが、兵庫県のメーカーで東京あたりでは売っていませんね。しかももうメーカーの商品ラインナップから消えてるし…。
新界の田舎のほうの士多にはまだ売っているかもです。

そのほかにも、香港の貿易業者がスポットで輸入したラーメンもありました。種類はそんなに多くはなかったかな。「麦みそラーメン」というのがなかなかおいしかった!

さて、地元香港製のラーメンは結局一度も食べずじまいで、今から思えばなんとももったいない事をしました。
特に公仔麵を食べておかなかったのは失敗でした。

袋にちゃんと公仔(人形)がいる!

以前紹介した超力ラーメン。

人類は麺類
写真がありませんが、消えたラーメンの一つにBANGBANG即食麵があり、伊麵と上湯麵の2種類でした。TVCMは実写で、ピクニックに出かけた人たちがおいしそうに食べていました。しかし野外で食べるのに、カップ麵ではなくわざわざ袋麵を鍋で煮て食べるってどうなんでしょう?とはいえ食べたかったラーメンの一つです。
BANGBANGは不思議な会社で、映画の配給、レコードの出版元、ファッションの小売をやっていたのですが、79年頃なぜか突然ラーメンを売り出しました。理由はさっぱりわかりません。どなたかご存知でしょうか?古い話なので香港の人でもあまり詳しく知る人はいなさそうですが。

香港製ではなく大陸製と思われるラーメンもあり、やはりTVCMが印象的だったのが「Super Saimin」。漢字がちょっと不明なのですが、ナレーションで「蝦肉細麵」と言っていたような気がするんですけど自信はありません。
鍋に海老やら蟹やら野菜やらが麵と一緒に飛び込んで、なぜか鍋が急速回転してぴたっと止まると湯気の立った美味しそうなSuper Saiminが出来上がるというアニメですが、日本でも釜飯の素のTVCMで同じような場面を見た気がするのはデジャヴー?
当時は食べなかったのですが、高校時代に修学旅行先だった上海の友誼商店で見つけ、懐かしくて買って帰りました。
味はさっぱり系の塩味だったかな?スープは予想以上でしたが麵の戻りが悪く、変に芯が残った感じがしてまずかったです。
はっきり言って出前一丁の敵ではありませんでした。

香港製以外のラーメンでは、MAGGIのラーメンを食べたことがあります。そう、あのブイヨンのMAGGIです。
MAGGIのラーメンは当然黄色いパッケージなのですが、袋に漢字が書いていなかった覚えがあるんです。つまり、香港製ではなさそうなんですね。
肝心の味付けは印象が薄いのですが、そこそこ美味しかった覚えだけはあります。でも結局そのあと買うことはなく、出前一丁など日本のラーメンに戻りました。

帰国の少し前には「日清伊麵」と「麻油雞湯麵」がなくなった代わりに「出前一丁」が3種類に増え、中でもカレー味がお気に入りとなったのでした。
TVCMはなんだか無難な感じになっていました。

私は1980年に帰国してしまいましたので、香港のラーメン事情がそれからどうなったのかについては残念ながら詳しくないです。
帰国後程なくして、日本では高級ラーメンブームが起きています。発売順に明星食品「中華三昧」、東洋水産「華味餐庁」、ハウス食品「楊夫人(マダムヤン)」、日清食品「麵皇」、サンヨー食品「桃李居」の五種類でした。結局今でも残っているのは最初に出した中華三昧だけですね。
ちなみに「人類は麺類」は麵皇のキャッチフレーズです。知っている人はアラフォー以上間違いなし。

今の香港は店で食べるにしても日本のラーメンが大流行ですから、まさに隔世の感があります。
日本式ラーメンチェーンの草分けは味千拉麵と思われますが、香港に行くと食べるかどうかいつも迷うんですよ。
東京には店がないので食べられないし、かといって日本で食べるラーメンと味は大差なさそうだし…。

また次回も迷うのかな。

Cha Siu Baauからのお知らせ・更新情報は Facebook/Twitterでキャッチ!
 

(Visited 951 times, 1 visits today)

この記事を書いたライターさん : Shin-EI

Shin-EI
昔むかし香港で暮らした経験がある日本人。乗り物とCDとカセットテープが大好き。

コメントをする

email addressは表示されません。 必須記入項目 *

*