出来たてCha Siu Baau
ホーム » yoyo » 香港今昔を巡る道 ~元荃古道~

香港今昔を巡る道 ~元荃古道~

10月に入り、香港の暑さもだいぶ和らいできました。
前回のランタオ島トレイルに続き、今回は元荃古道を巡るハイキングに挑戦です。

今回参照にしたのはこちらの本
長春自遊系列 香港郊外+大自然生態

香港郊外のトレイルルートをエリアと難易度別に分けて掲載し、動植物や見どころを詳しく解説しています。文章はすべて繁体字ですが、香港迷ならなんとなく理解できるでしょう。大きめの本屋に行けばこの手の本は簡単に手に入ると思います。

元荃古道とは昔元朗と荃湾を結んでいた道です。交通網が発達する前は、山道を歩いて食料や日用品などを運んでいたわけですね。
全行程を歩くのはかなり長いので、今回は荃湾をスタートし深井村に抜けるルートを歩きます。

さて、スタート地点は荃湾の西の端、柴湾角の荃湾港安醫院そばの道。
元荃古道

最初はかなりきつい階段を登ります。難易度は中級なのでそれなりの体力と装備が必要です。普段運動不足の私はゼーゼーでした。

どんどん進んでいくと途中で小さな村があったりします。元々昔から住んでいた人たちなのか、何かから逃れた人たちなのか…とにかくこんな山の中に人が住んでいるなんて不思議な気持ちになります。

さらに進んでいくと、このトレイルの見所の一つ「石龍拱」という見晴台にたどり着きます。ここからは香港3大吊橋の青馬大橋、汀九橋、昂船洲大橋が一度に見えて、遠くは.香港島まで見える絶景スポット!のはずなのですが…
元荃古道

まあ実際はこんなもんです。
何はともあれ、巨大な建造物がいくつも見えるここからの景色は香港発展の近代史を物語っているようです。

この峠を過ぎると勾配はだいぶ緩やかになります。
途中では色鮮やかな花々や蝶々、鳥の鳴き声、清流が現れ、ここは本当に大都会香港なのだろうか?と驚かされます。
元荃古道
元荃古道
元荃古道

きれいな景色に目を奪われて歩いていくと、トレイルのもう一つの見所「清快塘村」にたどり着きます。
元荃古道
元荃古道

そこに広がるのは捨てられた田畑と2つの蓮池。紫色とピンク色の2種類の蓮花がハイカーを出迎えてくれます。
元荃古道

ああ、美しい。ここは香港の桃源郷なのだなぁ。昔の香港はこんなにのどかだったのだろうか…

清快塘村を過ぎるとゴールの深井村まではひたすら下り道。山を吹き抜ける風が何とも心地よく感じられます。

元荃古道
ハイキングの〆はコレ!深井村名物の燒鵝ですね!なんともたまりません。

Cha Siu Baauからのお知らせ・更新情報は Facebook/Twitterでキャッチ!
 

(Visited 549 times, 1 visits today)

この記事を書いたライターさん : yoyo

yoyo
渡航回数30回の80後世代香港迷。

コメントをする

email addressは表示されません。 必須記入項目 *

*