出来たてCha Siu Baau
ホーム » Hiro » 海外駐在者への質問

海外駐在者への質問

もう秋のことになるが、私は日本に一時帰国した。
当然友達にもたくさん会う (会いたかったのに会えなかった人もたくさんいた)。おしゃべりに花を咲かせるうち、たいてい、私への質問タイムが始まる。確かに、海外生活している人は珍しいもんね。
ところが、回答しているうちに、みんなの質問はたいてい同じようなものが多いことがわかってきた。少々飽きてくるのも事実だけど、同じような質問に収斂されること自体は、けっこう、興味深かったので、まとめておきたい。

Q : 給料いいんでしょ?
A : そんなことないです。
解説 : 弊社を含めてたいていの企業が、10年ちょっと前までは、それこそ、何年か海外に居れば家が建つような赴任手当を、がっつり社員に払っていた (らしい)。そしてこれが、世の中の海外駐在のイメージとして出来上がった模様。
でも、時は流れ、今や私でも海外赴任できる時代。業界や職種にもよるが、海外赴任すること自体が、どんどん普通にあり得ることになってきている。それに合わせて、待遇も徐々に特別なものではなくなってきているというわけ。それに、香港は決して物価の安いところではないし。
ただし、今でも文字通り目が飛び出るほどの赴任手当をもらえる会社もある模様。そういうところの人たちが、香港島とかに住んでいるのだろうか….
また、一般に、欧米系の会社からの出向者 (Expat)の待遇は極めて良く、香港島セントラルやSOHO、あるいは離島あたりの高級マンションに普通に住めるような家賃手当と、それに見合った暮らしができるだけの赴任手当を普通にもらえるらしい。それで、あいつら、よく、SOHOあたりをジョギングしてるわけね。

Q : あれ、台湾だっけ?
A : 香港です (怒)。
解説 : これは私の存在感不足に原因があるかもしれない。なんか中国ではないけれどその近くに行った奴、程度にしか思われていないのであろう。というか、それが露呈してしまった….
と言っても、香港駐在者の皆さんのブログなどを拝見すると、この間違いを受ける人は決して少なくない模様。大陸と間違われなかっただけ良いのかもしれない。
これ、日本人に対して間違う程度ならあまり問題にもならないけれど、香港人や台湾人に対しては、間違っても、台湾、香港、中国、この関係性を混同してはならない。
特に香港人女性、いわゆる港女の皆様方は、中国大陸が大嫌い。何があっても、彼女たちを中国人呼ばわりすることは禁止である。

Q : 香港って島だよね?
A : イエス。でも、ノー。
解説 : 香港といえば香港島。これが一般常識。私も、昔はこの認識だったので、人のことは責められない。
そう、香港は九龍も新界もあり、その全部を合わせて香港であることなど、知られてもいない。よって、「いや島がメインなんだけど、島だけじゃないんだよね。島の向かい側、半島の先っぽが九龍で、その奥に新界という魔界があって、ここがうち」というしたくもない説明を強いられることになる。。。
私だって香港島に住んでみたいものである。
ちなみに。香港には無数の離島があり、それぞれ個性があり遊びに行くとたいへん楽しいらしい。香港に住んでいる間に、一度は行ってみたい!

Q : 英語できるようになった?
A : 仕事の英語は、まぁまぁね….
解説 : 弊社は、香港人をメインとしつつ、中国人、日本人、その他もろもろの国籍の人が集まって運営されていることもあり、社内での公用語は完全に英語である (というか、これが香港でのスタンダード?)。公式のプレゼン資料は英語で作成され、日々の皆のメールでのやり取りも英語、日々使うシステムの表記も英語、トイレや給湯室の但し書きですら、必ず、広東語と英語の2ヶ国語表記。香港人は、言うまでもなく日本語を理解できないので、私が用事があるときは英語で話しかけなければ何も起こらない。しかも、私はローカルの上司でも何でもないので、もし私の英語がわかりづらければ、「???」という顔をされておしまい。そんなわけで、仕事の英語は、来た時に比べればだいぶ上手になりました。
問題はおしゃべりや暮らしの英語。街は当然に広東語で動いていて、もともと苦手だったおしゃべり英語を使う機会もあまりない。

Q : 広東語、できるようになった?
A : 無理。むごい、のみ。
解説 : 広東語の発音はめちゃくちゃ難しい!!それに、私、言葉を覚えるの結構苦手…. 広東語ですらすらと買い物などできるようになるのは、だいぶ先のことになりそうです。でも、意欲はある。しゃべれるようになりたい。

Q : ていうか、いつ日本帰ってくるの?
A : もうしばらく、香港、楽しんでみます。半年で分かるような深さの町ではないので!日本の友達に、存在を忘れられない程度に。。。笑

Cha Siu Baauからのお知らせ・更新情報は Facebook/Twitterでキャッチ!
 

(Visited 452 times, 1 visits today)

この記事を書いたライターさん : hiro

hiro
香港に住みつつ、中国との間を行き来しながら日々を過ごす日本人。まだきょろきょろしながら香港をよちよち歩いています。

2 コメント

  1. KYNA

    Hiroさんへ
    はじめましてKYNAと申します。
    いろいろ共感できること多しです。
    何度言っても「台湾どう?」と言ってくる友人いますし…。

    ところで私も魔界に住んでいるのですが、人で一杯の尖沙咀や銅鑼湾から帰ってくると静かでほっとします。
    ちょいと魔界の魅力に取りつかれているようです。

    • KANAさん、
      はじめまして。
      共感ありがとうございます。
      私、台湾では、一人旅で風邪をひいたたいへん辛い思い出がありまして笑、是非とも間違わないで欲しいと思う次第なのです。

      私は沙田の駅の近くなので、魔界に来てもやっぱりいつも人でいっぱい。
      島にときどき行くたびに、住めるものなら住みたい!!などと思っている始末ですので、まだまだ魔界住民としての修行が足りないのでしょうね。精進します。

コメントをする

email addressは表示されません。 必須記入項目 *

*