出来たてCha Siu Baau
ホーム » Satoko HANAOKA » Gambolノートをめぐる冒険

Gambolノートをめぐる冒険

2015年4月に広州旅行に行って買ったものがGambolノートでした。

私はこれにはまってしまいました。

多少他所さまで書くにはぶっ飛びすぎた話になってしまったんで、自分のところで書いています。何がどう良いのか、というのはそちらでどうぞ。
姉御の異常な愛情、またはいかにGambolノートを愛するようになったか

もうね、とにかく。

書き殴るには最高のノートだったのです。ああ、もう書き終わっちまうぜ、欲しいんだ、Gambolよこせや〜という気分だったのですよ。

香港在住のKYNAさんも(私とは違った方向のようですが)文房具に強いこだわりがある方のようで、香港の文具についてお書きになっていました。そこにGambolってあるんですよ・・・。

まじで!?

港女ズに聞いてみると、「そんなもん知らん」だそうです。まあ、普通はわからんわな・・・。いや、教師が含まれてるのにな・・・。深圳在住の港女にも聞いてみましたが、「・・・知らんわ」だそうです。

KYNAさんに伺ってみると「普通の文具屋で・・・」だそうです。

あのね、観光客である私には「普通の文具屋」がどれなんだかよくわからないんだけど。キーワードは、どうも、本屋?日本と同じ?まあ、場所は香港だし、レッツゴー。

今回、旅の出発は北角でした。MTRの北角B1から出てふらふら歩いていると書局街というところだったのです。たまたま「商務印書館」を通りかかり、ここがどうも本屋っぽいので、入ってみました。

1 買った店

文具コーナーがあったので入ってみると、あった。あったよ、Gambolノートはあったんだ!

あらまあ。あっさりと買えちゃったよ。

日本のCampusと並べてみましょう。

2 Gambol

ちゃんとA5の8mmですよ。涙ちょちょ切れる。ルーズリーフ状のものとかいろいろあって、ここはGambolノートの天国ですか?

残念なことに、KOKUYOになってしまっています。

3 WatabeからKokuyoへ

しかもめちゃくちゃ高い。12ドルですよ!12ドル!広州では6.5元でしたよ!2倍ですよ!きー!

店内なので撮影は遠慮しましたが、実は、KOKUYOのキャンパスノートもありました。しかも、なんと罫線が8mmです。厚さなどを見てもGambolそのままなのですが。問題があって、6冊パックしかないのです。割り引かれて72ドルです。・・・Gambolと同じ値段になってるよ。

もしも香港によって帰国するのであれば、これも買ったと思うのですが、なにせ、今から私は台北旅行だったのですよ。台北でもホステルホッピングの予定だったし、泣く泣く諦めることになりました。キャセイだったので重量に気を配る必要はなかったのですけどね。

実は、月末香港に二泊します。ホテルは北角ではないんだけど、探せると良いなあ。香港島側にいるし、北角までしゅっと行っちゃおうか。うっふー。

なお、台北では買えなかったのですよ。中国以外ではGambolノートは売ってないのかもしれません。

もしもGambolノートが欲しいあなた。香港ではいろんなGambolがあなたをお待ちしていますよ!

Cha Siu Baauからのお知らせ・更新情報は Facebook/Twitterでキャッチ!
 

(Visited 635 times, 1 visits today)

この記事を書いたライターさん : Satoko HANAOKA

Satoko HANAOKA
「インファナル・アフェア」に人生を大きく変えられ、香港トランジットで香港に恋してしまった八十后。

3 コメント

  1. Gambol 私もよく買いますよ。
    最初見た時Campusのデザインを真似た香港のノートだ。と思いました。
    今では日本のも買いますが、無ければこれで済ませます。ルーズリーフです。
    二日前買ったルーズリーフも今見たら、Gambolでした。15ドルでした。
    いいですよね。

  2. KYNA

    HANAOKA Satoko様

    こんにちはー。KYNAです。
    説明不足でごめんなさい。

    【普通の文房具屋】というのは街中にあるいわゆる地元の文房具屋ということで
    大手書店(上記商務印書館とか誠品書店など)でない、ということです。
    なので日本でいうとロフトやハンズ、丸善などではなく家の近所の文房具屋、といった意味合いです。

    私は北角へはあまり足を運ばないのですが、きっと街中にローカル文房具屋さんがあると思います。
    銅鑼湾のビクトリアパーク付近にも地元密着型文房具屋あった記憶が。
    ご旅行でいらっしゃるということでどこにあるかわからないローカル文房具屋さんを探す時間も
    もったいないことはもったいないですよね…。ホテルのフロントさんにお聞きになってもいいかも?と思いました。

    Gambolノートを無事ゲットできますように。

  3. Junpeiさま
    Gambolも良いですよね!ね!ね!
    わかってくださる方がおられて嬉しいです!

    KYNAさま
    いやいや、「地元の文具屋」なのはわかってましたよぉ。それがね、私は暗黒の地・新界や九龍の下町・深水埗をぶらぶら歩くだけなんですけど、ローカルな文具屋を見た記憶がないんですよ。もちろん、日本でもローカルな文具店というものを見たことはありますよ(田舎の子なんで少ないですけど!ちょっと気の利いた文具は、都会に行ったときに買ってくる定番でした)。

    月末の香港ではまた下町なんで、今度は「ローカルな文具店」を目指してみようと思います!見つけたらよだれを垂らさないように気をつけます!

コメントをする

email addressは表示されません。 必須記入項目 *

*