出来たてCha Siu Baau
ホーム » Shin-EI » 続・その道の名は総督の名
続・その道の名は総督の名

続・その道の名は総督の名

(Cover photo : 文匯報)

前回の記事では総督の名前の付いた道路をまとめましたが、その他にも臨時の総督や行政長官、大臣や次官クラスの役人、イギリス本国の政治家(爵位持ち)、外交官、軍人、総督の奥さんなどネーミングはバラエティに富んでいます。
今回は、前回書ききれなかった道路名を臨時の総督と行政長官を中心にピックアップしてみます。写真は今回もWikipediaからです。調査した人物は一部抜けている可能性がありますが、ネット上の資料ではここまでが限界でした。ご寛恕下さい。
人物名は極力歴史の古い順に書いてありますが、一部やむを得ず前後しているところもあります。

 

Alexander Robert JOHNSTON 莊士敦(ELLIOT、POTTINGERの副官)

→ Johnston Road 莊士敦道 灣仔にあります。

Johnston_Road_201504

 

Sir George Charles D’AGUILAR 德己立(初代、第2代総督時代の副総督)

→ D’Aguilar Street 德己立街 中環にあります。

Unicode

→ Cape D’Aguilar Road 鶴咀道 鶴咀にあります。
(写真なし)

 

William STAVELEY 士他花利(第2代から第3代総督までのつなぎ、第3代総督時代の副総督)

→ Staveley Street 士他花利街 中環にあります。
(写真なし)

 

William Hull CAINE 堅(第4代から第5代総督までのつなぎ、行政長官)

→ Caine Road 堅道 中環にあります。

Unicode

 

William Thomas MERCER 孖沙(第5代から第6代総督までのつなぎ、行政長官)

→ Mercer Street 孖沙街 上環にあります。
(写真なし)

 

Henry Wase WHITFIELD 威非路(第6代から第7代総督までのつなぎ)

→ Whitfield Road 威非路道 天后にあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

John Gardiner AUSTIN 柯士甸(第7代から第8代総督までのつなぎ、行政長官)

→ Austin Road 柯士甸道 佐敦にあります。

Unicode

→ Austin Road West 柯士甸道西 佐敦にあります。
(写真なし)

→ Austin Avenue 柯士甸路 佐敦にあります。
(写真なし)

→ Mount Austin Road 柯士甸山道 太平山にあります。

Victoria_Peak_apartments

 

Malcolm Struan TONNOCHY 杜老誌(第8代から第9代総督までのつなぎ、行政長官)

→ Tonnochy Road 杜老誌道 灣仔にあります。

Tonnochy_Road

 

Sir William Henry MARSH 馬師又は馬殊(第8代から第9代総督までのつなぎ及び第9代から第10代総督までのつなぎ、行政長官)

→ Marsh Road 馬師道 灣仔にあります。

Marsh_Road_Flyover_towards_South

→ Marsh Street 孖庶街 紅磡にあります。
(写真なし)

 

Sir William Gordon CAMERON 金馬倫(第9代から第10代総督までのつなぎ)

→ Cameron Road 金馬倫道 尖沙咀にあります。

HK_TST_night_金馬倫道_Cameron_Road_sidewalk_shops_Suning_n_Chow_Sang_Sang_Mar-2013

→ Cameron Lane 金馬倫里 尖沙咀にあります。
(写真なし)

→ Mount Cameron road 金馬麟山道 太平山にあります。
(写真なし)

 

Frederick STEWART 史釗域(行政長官)

→ Stewart Road 史釗域道 灣仔にあります。

HK_Wan_Chai_Century_Court_n_Club_Tonnochy_Jaffe_Road_n_Stewart_Road_3

 

Sir Francis FLEMING 菲林明(行政長官)

→ Fleming Road 菲林明道 灣仔にあります。

Unicode

 

Sir George Thomas Michael O’BRIEN 柯布連(行政長官)

→ O’Brien Road 柯布連道 灣仔にあります。

HK_Wan_Chai_Computer_Centre_n_Walkway_Escalator_n_Taxi

 

Sir James Haldane Stewart LOCKHART 駱克(行政長官)

→ Lockhart Road 駱克道 灣仔から銅鑼灣にかけてあります。

Lockhart_Road_201309

 

Sir George Digby BARKER 白加(第10代から第11代総督までのつなぎ)

→ Barker Road 白加道 太平山にあります。

Barker_Road_near_Peak_Road

 

Alexander Macdonald THOMSON 譚臣(行政長官)

→ Thomson Road 譚臣道 灣仔にあります。

HK_Wan_Chai_Thomson_Road_Snack_Food_Shop

 

Sir Wilsone BLACK 布力(第11代から第12代総督までのつなぎ)

→ Black’s Link 布力徑 灣仔から香港仔にかけてあります。

Black's_Link_near_Deep_Water_Bay_Road

 

Sir William Julius GASCOIGNE 加士居(第12代総督時代の副総督)

→ Gascoigne Road 加士居道 油麻地にあります。

2

 

Arthur Winbolt BREWIN 蒲魯賢(臨時行政長官)

→ BrewinPath 蒲魯賢徑 太平山にあります。
(写真なし)

 

Sir Claud SEVERN 施勳(第14代から第15代総督までのつなぎ、15代から第16代総督までのつなぎ及び第16代から第17代総督までのつなぎ、行政長官)

→Severn Road 施勳道 太平山にあります。
(写真なし)

 

Sir Cecil Halliday Jepson HARCOURT 楊慕琦(第21代総督が戦時中日本軍によって拘束され、終戦後総督に復帰するまでのつなぎ。軍政府総督。)

→ Harcourt Road 夏慤道 中環にあります。

Harcourt_Road_near_Admiralty_Centre

 

番外:
Lady Clementi’s Ride 金夫人馳馬徑

香港仔から渣甸山にかけてあります。「金夫人」とは第17代総督CLEMENTIの奥さんMarie Penelope ROSEのことです。

Lady_Clementi's_Ride_1

写真の道路名標示版には「馳馬徑」が抜けていますが、当時の私が地図でこの道を見つけた時は、なんて面白い名前の道だろうと笑ってしまいました。金夫人がどこの誰だかなんて大して興味は湧きませんでしたが、そのネーミングがあまりにもリアルで、細い山道を馬に乗った女性がパカパカと上り下りするのが眼に浮かぶようでした。
この道はSir Cecil’s Ride 金督馳馬徑とセットで命名したんでしょうね。

 

こんな感じで調査結果を書き並べてみたのですが、総督が正式に着任するまでの間の代行総督が意外に多いことに驚かされます。のんびりしていたのか、はたまた人材がいなかったのか、任命者であるイギリス本国は何やってたんでしょうかね?しかも長い人は一年以上や複数回勤めた人もいます。それに長く勤めたから名前が残ったのかというと、そうでもないようです。結構適当なのかも知れませんが、そのあたりの事情は?です。

また、有名な軍人の名前をつけた道路もいくつかあるのですが、あまり香港と関係のない人もいます。例えばNelson Street 奶路臣街の由来はイギリス軍の英雄ネルソン提督からですが、香港とは縁もゆかりもない人です。そもそも時代がまるで違います。

大臣や次官クラスの役人とイギリス本国の外交官の場合は、さすがに香港と無関係な人はいないようです。ちなみに日本人にもっともなじみがあるのは、Parkes Street 白加士街のネーミング元となった第2代駐日英国大使ハリー・パークスですね。

その他にも有名な商人や銀行家、医療関係者など民間から由来する名前もあり、ジャーディンなどはその典型です。

それらのネーミング実績を踏まえると、第11代総督Sir William ROBINSON 羅便臣の名前が残されていないというのは、かなり異例な事のように感じられます。もしかして、何か余程のことをやらかしたんでしょうか?なんだか不憫になってしまいます。

さて、実は前回の記事をアップした直後、大事なコトを忘れているのに気づきました。

 

あれ?

Queen’s Road 皇后大道は?
King’s Road 英皇道は?
Prince Edward Road 太子道は?

……。

むしろこちらを先に書くべきだったのでは…?

Cha siu baau をご愛読のイギリス王室関係者及びイギリス王室ファンの皆様、本当にごめんなさい!
というわけで次回は王室の名前のついた道路をまとめます。

(Visited 360 times, 1 visits today)

この記事を書いたライターさん : Shin-EI

Shin-EI
昔むかし香港で暮らした経験がある日本人。乗り物とCDとカセットテープが大好き。

コメントをする

email addressは表示されません。 必須記入項目 *

*