出来たてCha Siu Baau
ホーム » Shin-EI » その道の名は王室の名
その道の名は王室の名

その道の名は王室の名

(写真はQueen Victoria。Wikipediaより)

 

前回の記事では、王室の名のついた道より先に総督の名のついた道を紹介してしまったので、イギリス王室関係者とイギリス王室ファンから「不敬である!」との苦情メールが殺到。Cha siu baauの利用サーバはパンク寸前、管理人さんが対応に追われていることと思います。

……そんな幻想は置いといて。

今回もWikipediaを中心に調べたのですが、探せばいろいろ出てくるものですね。

 

Queen Victoria 英女皇維多利亞

Queen Victoria Street 域多利皇后街

→中環にあります。

Unicode

Queen’s Road Central 皇后大道中

→中環にあります。

Queens_Road_Central

Queen’s Road East 皇后大道東

→灣仔にあります。

Queen's_Road_East_Wan_Chai_Section

Queen’s Road West 皇后大道西

→西環にあります。

Queen's_Road_East_Wan_Chai_Section

Queen Street 皇后街

→上環にあります。

HK_Sai_Ying_Pun_Queen_Street_28_Century_21_Street_Sign_a

Queensway 金鐘道

→金鐘にあります。

Unicode

Victoria Road 域多利道

→摩星嶺にあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Jubilee Street 租庇利街

→中環にあります。Jubileeとは50周年の意味で、Queen Victoriaの在位50周年を記念してつけられたものです。

Unicode

 

Prince Albert of Saxe – Coburg and Gotha 維多利亞女皇夫婿亞厘畢親王

Upper Albert Road 上亞厘畢道

→中環にあります。

Unicode

Lower Albert Road 下亞厘畢道

→中環にあります。

Unicode

Albert Path 亞厘畢里

→中環にあります。上亞厘畢道と下亞厘畢道をつなぐ小道です。
(写真なし)

 

Prince Arthur William Patrick Albert, Duke of Connaught and Strathearn 維多利亞女皇的第三子干諾公爵

Connaught Road Central 干諾道中

→中環にあります。

Connaught_Road_Central_201406

Connaught Road West 干諾道西

→西環にあります。
(写真なし)

Connaught Place 康樂廣場

→中環にあります。

Connaught_Garden_View_201506

 

King Edward Ⅶ 英皇愛德華七世

King’s Park Hill Road 京士柏山道

→油麻地にあります。
(写真なし)

King’s Park Rise 京士柏道

→油麻地にあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

King George Ⅴ 英皇佐治五世

Great George Street 記利佐治街

→銅鑼灣にあります。

Great_George_Street_201101

King’s Road 英皇道

→北角から鰂魚涌にかけてあります。

King's_Road_Quarry_Bay

 

Prince Henry William Frederick Albert, Duke of Gloucester 英皇佐治五世的第三子格洛斯特公爵

Gloucester Road 告士打道

→灣仔にあります。

Gloucester_Road_201007

 

King Edward Ⅷ 英皇愛德華八世

Prince Edward Road East 太子道東

→九龍城にあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Prince Edward Road West 太子道西

→太子にあります。

Traffic_Congestion_in_Prince_Edward_Road_West

 

Queen Elizabeth Elizabeth Ⅱ 伊麗莎白二世

伊利沙伯醫院路Queen Elizabeth Hospital Road

→伊利沙伯醫院の中にあります。

Queen_Elizabeth_Hospital

Queen Elizabeth Hospital Path 伊利沙伯醫院徑

→伊利沙伯醫院の中にあります。
(写真なし)

 

Prince Philip, Duke of Edinburgh 英女皇伊利沙伯二世夫婿愛丁堡公爵即菲臘親王

Edinburgh Place 愛丁堡廣場

→中環にあります。

Edinburgh_Place_201402

 

Princess Margaret, Countess of Snowdon 英皇佐治六世的女兒瑪嘉烈公主

Princess Margaret Road 公主道

→何文田にあります。

Princess_Margaret_Road_Ho_Man_Tin_Section

 

James Albert Edward Hamilton, 3rd Duke of Abercorn 首任北愛爾蘭總督咸美頓公爵

Hamilton Street 咸美頓街

→油麻地にあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

今回いろいろ調べてわかったのですが、何といってもQueen Victoriaの存在の大きさを感じざるを得なかったということです。関連の道路は8本あり、数ではダントツの一位。これがQueen Elizabeth Ⅱの場合病院内の短い道路が2本(しかも内1本は歩道)あるだけで、もしQueen Elizabeth Hospitalが別の名前であったら存在しなかったんですね。
ところでQueenを「皇后」としたのは誤訳であると知られていますが、当時誰も間違いに気付かなかったんでしょうか?
かく言う私も、実はかなり長い間気がつきませんでした。昔麥嘉と許冠傑の映画「皇帝密使」を観たときに、原題が知りたくて調べたら「最佳拍檔女皇密令」であると判りました。しかし「なんで皇后ではなく女皇なの?」と思いまして、そこで初めて「皇后」っておかしいんじゃないの?と気付いたんです。
今に至るまで名前はそのままなのですが、直さない理由も分かりません。面倒くさかったのでしょうか?それに引き換え、Prince Edward Road 太子道なんて愛德華皇子道→英皇子道→太子道と名前が2回も変わっているんですけど。

そのPrince Edward Road 太子道ですが、命名時にはPrinceだったEdward Ⅷは国王になりました。さすがにそこでの名前の変更は行わなかったんですね。なにしろ国王はほかにも 父祖のEdward Ⅶ、George Ⅴがいるのですから。
George Ⅴに関してはその名を冠した学校(中、高)が何文田にありますし、旧紙幣と硬貨のデザインにも肖像が使われています。

Prince AlbertはVictoriaの夫ですが、短命だったにもかかわらずよく道路名として残ったものだと思います。2両しかないオープンデッキトラムにもその名を残していますが、もう1両の名前がVictoriaなのは二人が夫婦だからですね。なかなかいいセンスだと思います。

Connaught Roadの写真にはあの特徴ある丸い窓のジャーディンハウスが写っていますが、このビルが建った時にはConnaught Centre Buildingと命名されていました。サンシャイン60が建つまではアジアで一番の高さを誇っていて、これぞ元祖高層ビル!っていうイメージでした。

中はこんな感じ。70年代です。

コンノートセンターの中

(出典:http://www.miniforum.net/)

 

さて、これで道路名シリーズは終わりにするつもりだったのですが、調べれば調べるほど興味を引く事実に引っかかります。
次回は日本と香港にとって忘れてはいけない痛い歴史。

(Visited 351 times, 1 visits today)

この記事を書いたライターさん : Shin-EI

Shin-EI
昔むかし香港で暮らした経験がある日本人。乗り物とCDとカセットテープが大好き。

コメントをする

email addressは表示されません。 必須記入項目 *

*