出来たてCha Siu Baau
ホーム » Shin-EI » ガス燈の点る街
ガス燈の点る街

ガス燈の点る街

(Cover photo:Wikipedia)

昔むかし、それは時代廣場がまだトラムの車庫だった頃の話。
トラムの車庫には隣接して街市がありました。
当時の家は北角にあったのでここの街市にはあまり通いませんでしたが、金魚の餌を買うときには必ず寄っていました。
夕方薄暗くなってきた頃、ランプに明かりが点り始めたのですが、黄色い光の白熱電球とは明らかに違う、白い光を放つランプがいくつかありました。

あれはなんだ?
なんだか蛍光灯のような発色。

でも、蛍光灯なら細長~い形状ですが、そのランプは明らかに違います。

大体、当時の香港は屋外の照明に蛍光灯をほとんど使わず、白熱電球ばかり使うのです。
それに外看板と言えばネオン管だらけで、蛍光灯を使うのはファストフードかこんな看板ばかり。

看板蛍光灯
(出典:C.J.Woman ※この写真は最近のものです)

街市のあの白い光の正体は?

母曰く、「ガス燈かもしれない」。
昭和の初め頃までは、日本ではガス燈が普及していたそうです。母はガス燈を見た記憶があったのかも知れません。

あくまでも「ガス燈かもしれない」という事ですし、今となっては確認する術がないですが、あれはガス燈であったに違いないと固く信じています。

香港には未だにガス燈が残されています。
ガス燈のある場所として有名なのは中環・都爹利街ですが、数年前その近くにレトロスタバが出来たのでご存知の方は多いと思います。もちろん前世紀に作られた古いガス燈で、少なくとも1922年にはその存在が記録されている由緒ある照明器具です。香港法定古跡でもあり、メンテナンスしながら大切に使われています。

有名とはいえわざわざガス燈だけを見に行く人は少ないでしょうから、スタバとセットという感じでしょうか。スタバが出来たおかげでよりクローズアップされたかもしれません。
レトロ香港が大好きな私ですが、ここ何回かの旅行では九龍側ばかりぶらついているので、次回行きたい所の一つです。

でも、こんなレトロな照明はここにしかないってわけではありません。
都爹利街のほかに三ヶ所ガス燈があるのです。

まずは、尖沙嘴「1881 heritage」にあるガス燈。ここも比較的有名だと思います。但し、こちらにある本物のガス燈は三本だけで、ほかの街燈はすべてフェイクです。

それから、結婚式場である「淺水灣會所1號」のガス燈。こちらはフェイクらしいです。

最後に灣仔・利東街のガス燈。これもフェイクです。
Lee_Tung_Avenue_Lights_201511
(出典:Wikipedia)

利東街という通りは再開発の為いったん完全に潰された街で、反対運動もあったんですが(朗豪坊みたいなパターンかな?)、今ではすっかり高級ショッピングモールになっています。
場所は皇后大道東200號。

こちらはかつての利東街。
Lee_Tung_Street
(出典:Wikipedia)

で、その利東街にはフェイクとはいえ15本ものガス燈があるんです。設置されたのは2015年の初めなので、もう一年余りになります。

参考までに、利東街を紹介している記事リンクを貼っておきます。
香港經濟日報電子版
http://topick.hket.com/article/1076022/%E5%88%A9%E6%9D%B1%E8%A1%9715%E6%94%AF%E7%85%A4%E6%B0%A3%E7%87%88%E3%80%80%E9%87%8D%E6%BA%AB%E8%80%81%E9%A6%99%E6%B8%AF%E6%83%85%E6%87%B7

高さが平均5.2メートルもあるので、言われないと気付かない人もいるかもしれません。そもそもガス燈を見たことがない人がほとんどでしょうから、もうちょっと低くしてもよかったような?都爹利街のガス燈ほど低くするのはデザイン的に難しかったのかもしれませんが、明かりを近くで観察出来ないのはもったいない気がします。まあ、フェイクなんですけどね。でもちょっと見てみたいです。

中環と灣仔ですから、両方行くならトラムが丁度よさそうですね。特に利東街は皇后大道東から莊士敦道から伸びているので便利です。利東街をぶらついてからトラムで中環へ。120号に当たれば最高。都爹利街まで歩いたらスタバでのんびり。半日レトロ香港が味わえそうです。

(Visited 370 times, 1 visits today)

この記事を書いたライターさん : Shin-EI

Shin-EI
昔むかし香港で暮らした経験がある日本人。乗り物とCDとカセットテープが大好き。

コメントをする

email addressは表示されません。 必須記入項目 *

*