出来たてCha Siu Baau
ホーム » Shin-EI » 翻唱天堂梅艷芳編Part1
翻唱天堂梅艷芳編Part1

翻唱天堂梅艷芳編Part1

読む人のことをほとんど考えていないのがこの翻唱天堂シリーズ。
今回紹介するアーチストは梅艷芳。4回に分けてお送りします。

さて、アニタの広東語カバーは47曲確認出来ていますが、なぜか徐小鳳と同数です。
しかし、徐小鳳と大きく違うのが、その歌がカバー曲かどうかを判別しやすいところです。カバー曲マニアな私にとって非常にありがたい。
理由としては、華星唱片Capital Artistsからデビューしたというのが大きいです。
アニタは亡くなるまで一貫して華星からレコードをリリースしてきました。華星は設立当初から歌詞カードに作詞者、作曲者、編曲者名をきちんとクレジットしていますし、更に設立の一年ほど後にはOP(Original publisher)のクレジットも積極的に行うようになっています。つまりこれは、きちんと版権をとってカバー曲化していることの証明です。これは非常に重要で、当時ここまで徹底していた会社はほかにありません。
その他のレコード会社でも寶麗金PolyGram、新力唱片CBS Sonyあたりは作詞者、作曲者、編曲者名をよく記載してくれていたのですが、版権に関してはやや怪しい部分もありました。

華星は無綫電視が出資した会社なので資金は潤沢だったと思われますが、最初のリリースはなぜかオムニバスで、売れるかどうかを相当慎重に見極めていたフシがあります。
アニタは陳美齡,張國榮に続いて華星の3人目の契約アーチストとなったのですが、ファーストアルバム「心債」はA面6曲がアニタ、B面が小虎隊の3人をバラ売り(林利、胡渭康、蔣慶龍が2曲ずつ歌っていてなぜか「小虎隊」の文字は無し)というなんだかよく分からない構成でした。アニタ、小虎隊共にそれぞれの半分がカバー曲です。
しかもこのアルバム、ジャケット写真はアニタだけなのに商品番号上は小虎隊のアルバムというかたちを取っています。理由は不明です。後に蔣慶龍は孫明光と交代してしまい、今ではやや忘れられた存在になってしまいました。
アニタはまだ新人で実績がなかったので、リスクヘッジのために同じく新人の小虎隊と共同作品にされてしまったんですかね?アニタはこれがファーストアルバムで良かったんでしょうか?

今回はすべてYou Tubeの動画を貼りましたが、画質や音質が良くなかったり画像が出ないクリップもあります。ご容赦下さい。

歌手名(あいうえお順)/「曲名」/《カバー曲名》

秋山絵美/「太陽のアラベスク」/《暫停厭倦》

秋山絵美唯一のカバー曲です。

アンナバナナ/「Ka-Chi-Kan」/《教父的女人》
https://www.youtube.com/watch?v=wM8oq6Svavw

アンナバナナのほかのカバー曲は調査中で、未確認情報ですが「金色のペルシャ」、「野生の音(タイトル2種)」、「NOROMA」もあります。

杏里/「オリビアを聴きながら」/《幾多》

別タイトルカバー曲あり。
關淑怡/《再會》
陳松齡/《花嫁的清晨》

アン・ルイス/「SAMISHISA’S On My Mind」/《黑色婚紗》

アン・ルイス/「遊女のCrazy love」/《Crazy love》

アン・ルイス/「立ちっぱなしのBad boy」/《妖女》

アン・ルイス/「FOUR SEASONS」/《傷心教堂》

アン・ルイス/「I’M IN LOVE」/《明天當我想起你》

アン・ルイスの曲はほかに「フォー・シーズン」、「GUYS and DOLLS」、「KATANA」、「六本木心中」、「Slumber Party」、「VENDETTA」、「天使よ故郷を見よ」などがあります。

石川まなみ/「まほろば伝説」/《傳説》

アニメ「千年女王」のエンディングテーマ曲です。当初は露雲娜Rowena Cortesが歌っていましたが、途中でアニタと交代したものです。ほかに鄧瑞霞もカバーしています。

欧陽菲菲/「ラヴ・イズ・オーヴァー」/《逝去的愛》

ラヴ・イズ・オーヴァーのカバー曲は同一タイトル、別タイトルなど多数あります。
陳潔麗、黃琦/《逝去的愛》
甄妮、劉雅麗、譚詠麟、張燕妮、李曉梅、張慶、王夢華/《再度孤獨》
葉麗儀/《情盡于此》
貝聶名/《又再追尋》

尾崎亜美/「Souvenir」/《悲情城市》

尾崎亜美のカバー曲は現在これだけしか見つかっていませんが、探せばまだあるかも。

喜多郎/「歓喜 (Delight)」/《似水流年》

喜多郎の曲は基本的にインストゥルメンタルなのでカバー曲と言うのはやや語弊があるかもしれませんが載せておきます。

そのほかに張國榮、區瑞強、Robynn & Kendy、童麗、陳潔麗、羅敏莊、斯樂、肖潚、譚詠麟、夏韶聲、如夢、關燕儀、雪莉、薛瑩、詠妍、林安嚀、葉振棠、肖淑平、夢之旅がカバーしています(夢之旅のみ別タイトル《似水年華》)。

喜多郎の曲はほかに「Space Queen」、「Silk road」、「キャラバンサライ(タイトル2種)」があります。

郷ひろみ/「ケアレスウィスパー」・西城秀樹/「抱きしめてジルバ」/《夢幻的擁抱》

ケアレスウィスパーと抱きしめてジルバはWham!のカバーで同一曲ですが、先にリリースしたのは西城秀樹です。
ちなみにアニタは西城秀樹歌迷會副會長の経歴を持っていて、81年には西城秀樹のコンサート観覧のために来日しています。

ほかに同一タイトル、別タイトルのカバー曲があります。
高少華/《夢幻的擁抱》
甄妮/《忍痛說謊》
蔡國權/《無心快語》

郷ひろみはほかに15曲ほど、西城秀樹は20曲ほどカバー曲があります。

米米CLUB/「愛は不思議さ」/《愛情甜蜜債》

米米CLUBのカバー曲はほかに「Shake hip!」「Sûre danse」「愛してる」があります。

 

Part2へ続く…。

(Visited 245 times, 1 visits today)

この記事を書いたライターさん : Shin-EI

Shin-EI
昔むかし香港で暮らした経験がある日本人。乗り物とCDとカセットテープが大好き。

コメントをする

email addressは表示されません。 必須記入項目 *

*