出来たてCha Siu Baau
ホーム » Shin-EI » ラジオの時間 懷舊編
ラジオの時間 懷舊編

ラジオの時間 懷舊編

私は毎日ラジオを聴きます。車を使う仕事なので、運転中はほとんどカーラジオをかけっぱなしにしています。
仕事が休みの日でもラジオを聴きますが、PCで香港の放送を聴いています。
日本にいながらにして香港のラジオが聴けるんですから、いい時代になったものです。

私が香港暮らしをしていた当初は、完全にテレビっ子でした。
毎日日本のドラマ・アニメが広東語吹き替えで放送されるのですから、頭の中にはラジオのラの字もありませんでした。

小6のある日、父が「ラジカメ」というAMラジオとコンパクトカメラがくっついた代物をもらってきました。当時私はカメラを持っていなかったので、このラジカメを譲り受けて自分専用にしました。
コレです↓

ちょうどその頃はBCLを趣味とする学生がたくさんいた時代でした。BCLの一番の楽しみは短波ラジオで世界中の放送を聴いて、放送局に受信報告を送りベリカードという受信確認証明書をもらうことでした。
その頃から私の趣味はカバー曲のカセットテープを集めて聴きまくることでしたから、BCLには「ふーん、そんな趣味があるんだ」というような感じで、あまり興味を持つことはなかったのです。それに短波ラジオは非常に高価でした。
しかし、AMとはいえラジオが手に入ったので、折角だからラジオ放送も聴いてみようかという気持ちになり自室で聴き始めました。

ラジオを聴き始めてから、実は日々の暮らしの中でラジオを聴くことが意外にあったことに気付きました。

タクシー。
商店の店先。
町工場。

何をしゃべっているか判らないけどなんだか楽しそう!
それが自室で聴けるんです。
しゃべっていることが少しでも判るとだんだん面白くなってきます。もちろん聴き取りが出来る単語なんて数はしれていますが、「新聞報道」という単語が聴こえたらそれはニュース番組ですし、「xx劇塲」はもちろんドラマ、「交通消息」という単語が聴こえると中環xx道ぺらぺらぺら~、北角xx道ぺらぺらぺら~で交通情報と判ります。音楽バラエティーではリスナーに電話して「你貴姓啊?」。曲のリクエストを受け付けていたのでした。
広告もノリがよくてラップみたいだったり、逆にレトロ感たっぷりだったり。
それに何よりもうれしいのはお金がかからず流行曲が聴ける!自分が買ったカセットテープのB面に入っている曲がかかったりするんですから、なかなか渋い所を突いてます。
そんなわけで、テレビ一辺倒の生活がちょっとだけラジオにシフトしてきたのでした。

 

香港のラジオ局は香港電台と商業電台の二つがあり、香港電台は公共放送なのでやや硬め、商業電台はもう少し軟らかめの放送です。
当初はラジオの周波数ダイヤルをいじってはいろいろ聴いていたのですが、だんだん商業電台に固定するようになっていきました。

当時の流行曲はなにしろ広東語全盛期で、今と違って北京語の歌がかかるのは稀なことでした。
又、テレビの視聴率競争が激しく、RTV麗的電視の視聴率がガンガン上がっていた頃でもあります。そのせいなのかテレビドラマのテーマソングもよくかかっていました。

TVBドラマ「輪流轉」のテーマソング。このドラマはRTVの「大地恩情」に歯が立たず、初の途中打ち切りとなってしまった残念な作品ですが、皮肉なことにテーマソングのほうはよく売れました。この動画を見つけたときはうれしくて落涙モノでした。

RTVドラマ「大内群英」のテーマソング。You tubeにもupされていますがそちらは後年コンサートをレコーディングしたものなので編曲が若干違います。当時かかっていたのはこちらです。
http://v.youku.com/v_show/id_XNDYwNzg5NjQ=.html

RTVドラマ「浮生六劫」のアルバムのA面5曲目に入っている曲。「大内群英」と同じくYou tubeで見つかる動画は後年のコンサートのもので、当時の曲はこちらです。実は甲斐バンド「汽笛の響き」のカバーです。
http://vlog.xuite.net/play/UVpCMmx0LTM4OTk2MTYuZmx2/%E4%BA%BA%E7%94%9F%E9%95%B7%E8%B7%91-%E8%91%89%E6%8C%AF%E6%A3%A0-%E7%9B%88%E5%BA%B7%E7%A4%BE%E4%B8%8A%E5%82%B3-

テーマソング以外ではこの曲をよく覚えています。これも一生で二度と聴けないと思っていたのがYou tubeで見つかるとは。しかも声が高いので当時は女声かと思っていました。

陳美齡もよくかかりました。声の特徴ですぐに陳美齡と判りました。

https://www.youtube.com/watch?v=txV30cFFWyw

めったにかからない北京語の曲でかかるのは鄧麗君と歐陽菲菲がほとんどで、あとは誰が歌っているのかはよく判りませんでした。大体歐陽菲菲にしてもハッキリ彼女と判ったのは実はYou tubeのおかげです。

北京語の曲では鄧麗君と歐陽菲菲以外はほとんど覚えていないのですが、これもよくかかりました。

広告でよく聴いたのは以前にも紹介したこれ。私が聴いたことがあるのはこれしか見つかりませんでした。
https://www.youtube.com/watch?v=nRnlyR7AzUw&feature=share

古い広告も探すといくつか見つかります。

音がちょっと小さいです。
https://www.youtube.com/watch?v=j18hg9KkgTs

ドラマももちろんあります。

 

さて、香港電台には「經典重溫頻道」というホームページとは別のアーカイブページがあり、テレビとラジオの古いプログラムが聴けます。
ラジオプログラムはヘッドフォンのボタンをクリックすると聴けるようになっていて、廣播劇、人物專訪、文教節目、公共事務節目、音樂節目、歷史回顧、綜合及清談節目、其他に分かれています。

http://www.rthk.org.hk/classicschannel/main.htm

ところでこのアーカイブは香港電台の公式のものなのに、なぜか香港電台ホームページにリンクしていないのです。
聴こうとすると「この種類のファイルはコンピュータに損害を与える可能性があります。ダウンロードを続けますか?」というメッセージが出ます。おそるおそるクリックしましたがWindows media playerが開かれるだけで、特におかしな挙動は生じませんでした。いったいどんな損害なんでしょうか?
なお、クリックしたことによりPCに損害が発生しても私は責任が取れません。自己責任でお願いします。
まぁ、大丈夫だとは思うんですけどね。

今回は懷舊編として昔のプログラムを紹介しました。現代編はまた次回で。

(Visited 230 times, 1 visits today)

この記事を書いたライターさん : Shin-EI

Shin-EI
昔むかし香港で暮らした経験がある日本人。乗り物とCDとカセットテープが大好き。

コメントをする

email addressは表示されません。 必須記入項目 *

*