出来たてCha Siu Baau
ホーム » P » 美心西餅のソーセージパンが美味しい
美心西餅のソーセージパンが美味しい

美心西餅のソーセージパンが美味しい

こんにちは、Pです。
今回は題名通り、美心西餅のソーセージパンを褒めるだけの記事です、よろしくお願いします。

皆さんは香港でパンを食べたことがありますか?
香港と言えば、点心、お粥に、ワンタン麺…美味しいものは多数ありますが、パンは菠蘿包(パイナップルパン)しか食べたことのない方が多いのではないでしょうか。
そもそも、日本にも美味しいパンはあるし、わざわざ香港に来てまでパンを食べる、と言う選択肢が無い方も多いでしょう。

かくいう私も、小麦粉牛乳砂糖など全てが美味しい北海道出身で、美味しいパンを腐るほど食べてきたクチです。

が、香港のパン、結構美味しいと思うんです。

例えば、日本代表メロンパンと香港代表パイナップルパン。
どちらもメロンやパイナップルなんて使っていなくて、ただ甘い帽子をかぶっているパンですよね。

しかし、メロンパンを食べていて真ん中あたりに到達した時、あー下のパンの部分いらねぇな…、と思った経験は無いでしょうか。無いですか?
一方、パイナップルパンは終始美味しく食べれる。
この違いは何かと言うと、下の生地も、美味しいからだと思うんです。
日本で言うところのミルクパンのような素朴な甘さ、そして押すと潰れてしまう繊細さがあるのです。

そして、その美味しい生地に、最高の具が乗った、最強のパンがあるのです。

それが、こちら、美心西餅の『蒜茸腸仔』で御座います。

%e5%86%99%e7%9c%9fa

広東語だと、「しゅんよんちょぇんじゃい」、と読みます。
蒜茸=細かいニンニク。
腸仔=香腸(ソーセージ)の「腸」に「仔」を付けてちょっと可愛くした言い方でしょうか。

まぁ、その名の如く、ソーセージとニンニクのパンです。

お値段8.5HKD。

%e5%86%99%e7%9c%9fb

このパンのどこがすごいかと言うと、まずパン。
前述の通り、パンが美味しい。ほんのり甘い。
そしてそのパンの上にのっているソーセージがすごい。
なんと切り込みが入っており、魚の開きのごとく開かれてのっているんです。

未だかつてこんな画期的なソーセージパンがあっただろうか。

ソーセージパンと言うと、ソーセージに対してパンの分量が多くてなんとなく物足りなさが勝ってしまいがちなのですが、この蒜茸腸仔はソーセージを開くことによって、パンとのパワーバランスが見事に取れているのです。
一口食べれば必ずソーセージが口に入る仕組み。

そして、その最高なソーセージの上に、マヨネーズがジグザグにかかっており、その上にチーズも少しのっています。
このマヨネーズとチーズの分量も最高。
よくありますよね、マヨネーズとチーズが多すぎて、くどくなってしまったパン。
この蒜茸腸仔は、最高のバランスでマヨネーズとチーズがのっており、食べ終わった後に胸やけすることもありません。

あとマヨネーズ部分に緑っぽい物が入っているのですが、これの正体は私もよくわかっていません。
恐らくみじん切りのピクルスか何かだと思います。たぶん。

さぁ、ここで皆様は一つの疑問が思い浮かんだのではないでしょうか。

蒜茸腸仔の「蒜茸」はどうしたと。
ニンニクが入っていないではないかと。

そう、見た目にはわからないのですが、実はソーセージの下にみじん切りのニンニクが多過ぎず、少な過ぎず、ほどよく入っているのです。

このニンニクこそが、ソーセージを引き立てる最高のパートナーなんです。

食欲をそそるニンニクの香り、そしてどこを食べても必ず口にできるソーセージ、それだけで美味しいほんのりと甘いパン、パンとソーセージを調和させるマヨネーズとチーズとピクルスらしき物…。

そして8.5HKDと言うお値打ち価格……

これほど完成されたパンはありません。
私は通学中ほぼ毎日狂ったように食べていました。
ちなみに朝の時間混み合う美心西餅ですが、レジ打ちがめちゃくちゃ早いので、時間が無い朝でも安心です。

香港にお住まいの皆さま、また旅行にいらした皆様も、是非ご賞味下さい。

※旺角エリアだと、旺角東駅の、新世紀廣場(MOKO)とは 反 対 側 の改札を出て、右側に美心西餅のパン屋さんがあります。

(Visited 537 times, 1 visits today)

この記事を書いたライターさん : P

P
香港人Yと交際中の日本妹。ゆるく広東語を勉強中。

コメントをする

email addressは表示されません。 必須記入項目 *

*