出来たてCha Siu Baau
ホーム » Shin-EI » 古い写真の年代判別法
古い写真の年代判別法

古い写真の年代判別法

(Cover photo : 蘋果日報)

私の書く記事はいつも趣味性が強く、実用性に乏しいトリビア的なものばかりなのですが、たまにはどなたかの役に立ちそうなことも書いてみたいと思い立ちました。

Cha siu baau読者の皆さんなら、昔の香港に興味を持ったり、古い写真を見たりする機会があるかと思います。
私は昔の香港の写真を見るのが好きで、毎日のようにネットで舊照片老照片をチェックしているのですが、見つけた写真がいつどこで撮影されたものなのかは気になるところです。
この写真は明らかに戦前のでしょとか、これは60年代っぽいな~とか、写っている事象と雰囲気で総合的に判断していますが、皆さんはどうなんでしょう?私なりの年代判定法をつづってみたいと思います(やっぱり趣味かよ?)。
但し、正確性を保証出来るものではありませんのでそこはご容赦下さい。

モノクロかカラーか

カラー写真技術自体は戦前からあるのですが、大衆に普及したのは戦後になってからです。
香港は日本同様終戦後しばらくの間は決して豊かとは言えない生活でしたから、高価なカラーフィルムに庶民の手が届くようになるのは高度成長の軌道に乗る70年代からです。
ですから、香港のカラー写真のほとんどは1970年以降のものであると推定出来ます。
それでも50~60年代の香港の町並みが写されたカラー写真が見つかることがあります。おそらく欧米からの旅行者が撮影したものと思われます。大変貴重な資料です。

ファッション

私のもっとも不得意とする分野はファッションです。
もともとあまり興味がないのです。
それでも判断の一助にはなります。
戦前に洋服を着る香港人は裕福な人に限られていましたから、私の基準では「洋服を見つけたら戦後と思え」です。
さらに判りやすいのは旗袍です。
私が香港に住んでいたのは1978~80年なのですが、自分の記憶の中では旗袍は一度も見かけませんでした。旗袍はそれなりに高価で、食うや食わずやの収入では買えないはずなので、香港が豊かになりつつあった60年代の服装なのだと思います。よって私の基準では「旗袍を見たら60年代と思え」です。
70年代も面白いです。サイケデリックな意匠のワンピースなんぞが見つかったりして、よくこんな洋服を着ていたもんだと思います。
尚、くどいようですが私の不得意分野なので正確性を保証出来るものではありません。

建物と看板

建物をチェックするのはやはり確実な方法です。
特に、中環のビルディング群は名前の知られた建物が多く、建築年代もきっちり記録されているので判断しやすいです。

私は香港島側に住んでいましたので、どうしても香港島側に知識が偏ってしまっていますが、私が見るポイントの一つに「怡和大廈」があります。
今では他の高層ビルに囲まれて目立たなくなっていますが、1973年竣工当時はアジアで一番高いビルでした。
ビル名も当初は「康樂大廈」であり、現在の名称に変わったのは1988年からです。もし写真にキャプションがついていて「康樂大廈」と書いてあれば、1973年から1988年の間の写真ということになります。習慣というものは恐ろしいもので、私は今でもつい旧名称で呼んでしまいます。
怡和大廈
(Photo : 蘋果日報)

1980年に建築されて康樂大廈の高さを初めて抜いた「合和中心」もチェックしやすいです。ちなみにサンシャイン60もここに抜かれています。70年代から、日本と香港はビルの高さを競い合っていたかのようです。
「合和中心」は中環ではなく灣仔のしかも山側にあるので、当時の私はなんでこんな所に?と思ってしまったのですが、今でも灣仔で一番目立つビルですね。写真にこのビルが見つかれば1980年以降の風景という事になります。

「滙豐總行大廈」、「中銀大廈」も言うまでもなく中環の代表的なビルです。
現在の滙豐總行大廈は1985年、中銀大廈は1990年の竣工ですから、写真に写っているかどうかで年代を判別出来ます。

さて、建物のチェックで一番確実な方法があります。
写真に映画館が写っていないかチェックするのです。上映中の映画をチェックして調べれば、年代どころか月単位で判明します。撮影時期と場所が同時にピンポイントで判明するのは映画館ならではです。
但し、B級映画だと調査不能なこともありますし、大作でも日本と上映時期がずれていたりするのでそこは注意が必要です。
残念ながら、映画館の写真なんてそんなに都合よく見つからないものなんですね。見つかったらラッキー。

DIGITAL CAMERA

DIGITAL CAMERA

(Photo : Wikipedia)

建物のチェックは確実ではあるのですが、建物の寿命は数十年、時には100年を超えるのでざっくりとした年代しか判らないことが多く、又その建物が何という名称の建物なのかが判らないとお手上げ、という欠点があります。
例えば、無名の唐樓が立ち並ぶ裏通りなどはその唐樓が三階建てであれば恐らく戦前の建築で、五階建てであれば比較的後期の建築と推定出来ます。四階建てはその中間でしょうか。
ざっくりしすぎですね。

それを補う目安のひとつは看板です。
通りにある唐樓は一階が商店になっていますから、必ず屋号の看板が出ています。
屋号を見ただけで「これは○○道の××商店」といった具合にすぐに判明することもありますが、これも知識がないとどうにもなりません。
屋号が「司公某某」みたいに右から書いてあれば古い、左から書いてあれば比較的新しいことが推測出来ます。
Wanchai
(Photo : Wikipedia)

屋号のほかに電話番号が書いてあれば判別の有力な手立てになります。
電話が引かれた当初から60年代半ばころまでの番号は5桁です。のちに番号の不足から6桁に増やされ、1989年末には7桁になり、1995年には8桁になって現在に至ります。
なお1989年までは市外局番があり、香港島は5、九龍は3、新界は12(1981年からは0)が5桁及び6桁の前についていました。5,3,12はそれぞれH,K,Nと表記されることもあります。
市外局番が廃止されても番号を見れば年代のみならずエリアも判別出来るので、電話番号はとても有用な資料です。

広告看板も時代を写す鏡です。
最近は発光ダイオードの広告看板が主流になりつつありますが、ネオン管の派手な看板は香港らしさを充分に堪能できるアイテムだと思います。当然戦前に普及していたものではありません。
かつて日本企業の広告看板はとにかく目立ちました。シチズンの看板が当時の世界最大だったこともあります。伊利莎伯大廈の屋上を占領する巨大な看板です。
伊利莎伯大廈
(Photo : 明報)

80年代まではなにしろ大きな看板と言えば日本企業が最も多く、続いてイギリス系企業、地元企業の順でした。巨大ではありませんが、日本人にとってインパクトがあった「ぢ」の看板もありました。

日本がバブルに踊る少し前くらいからはGoldstar(現LG)など韓国企業の広告看板が見られるようになり、韓国経済の発展を感じたものです。ですから、韓国企業の広告看板が目立つ写真は80年代半ば以降のものと推測出来ます。

交通機関

私がもっとも注目するのは交通機関です。
香港はあれだけの狭い空間に鉄道、飛行機、船、バス、タクシーなどあらゆる交通機関が詰まっていて、それぞれ運行時期が判っていますので、判断の材料としては大変確実です。

鉄道

鉄道と言えば九廣鐵路とトラムだった香港に地下鉄が開通したのは1979年です。写真に地下鉄か駅が写っていれば1979年以降ということになります。もし建設中の写真があってどの線なのかが判れば、かなり正確な年代が特定できますし、駅名も完工当初と現在とは違っているところもあるので判断の一助になります。例えば中環駅の英語名は開業当初「Chater」でしたが、1985年に「Central」に改められています。
地下鐵路1979
(Photo : 蘋果日報)

九廣鐵路は戦前からあるのですが、当初は単線でした。蒸気機関車が走るのんびりしたローカル線に過ぎませんでした。
1961年にはディーゼル機関車が走り始めましたので、蒸気機関車が写っていればそれ以前の写真と言うことになります。更に1983年には電化されていますので、ディーゼル機関車が写っていれば1961~83年の写真ということになります。電化後の車両の更新は頻繁ではありませんが、車種に詳しい人(マニアとも言う)であれば判断は可能です。
また、駅名もちょこちょこ変わっていますのでチェックポイントです。例えば「大學」駅は1963年に中文大學が出来てから付けられた駅名で、それまでは「馬料水」という駅名でした。
51_SIR_ALEXANDER
(Photo : Wikipedia)

輕鐵もありますね。1988年の運行開始ですから、輕鐵が写っていればそれ以降の写真ということになります。
比較的最近導入されたイメージがありますが、もう30年近くになるんですね。

「叮叮」トラムは110年を超える歴史があり、時代につれて変化が見られます。運行当初は一階建てでしたし、1965年から1982年まではトレーラー車両が運行されていたこともあります。広告も判断の一助になりますし、時代の特定は比較的容易だと思います。
私にとって最も香港らしさが感じられて好きなのが、名車と謳われた第五世代叮叮(現在の120号車型)の写った写真です。
Hong_Kong_-_Bus_and_Trams
(Photo : Wikipedia)

尚、トラムはトラムでもピークトラムは同じ車両を長く使い続けますので、車両の写真を見ただけでは時代の判別が難しいです。
現在使われている車両は1989年に導入されたものなのでそろそろ30年近くになります。その前の世代の車両は1959年製で、丸30年使われていました。
Hong_Kong_Peak_Tram_railcar_c1972
(Photo : Wikipedia)

飛行機

なんと言っても啟德機塲ですよねぇ。
かつての香港は格安航空券の一大販売拠点でもありましたし、結構色々な航空会社が乗り入れています。コンコルドも発着していました。
飛行機の機体を見て判断するのはマニアでないと難しいと思いますが、それほど詳しくない人でも航空会社と機体の塗装を見れば大体の時期が判ると思います。
例えば今は倒産して存在しないパンナムが写っていれば、1991年以前の写真ですね。

マニアじゃないし機体も塗装も判らないよ!という人でも、もしスチュワーデス(って最近言いませんね)が写っている写真があれば、制服を調べることで年代の特定が出来ます。あ、もっとマニアックか…。
Hong_Kong_Kai_Tak_Airport_View1_1971
(Photo : Wikipedia)

これはかなり難しいと思います。
船の写っている写真を見ただけで時代と場所を判別するのは至難の業です。
われわれ日本人が香港で乗る船と言えばまずスターフェリー。それ以外の船に乗る機会は限られているでしょうし、船舶、航路の知識があるわけでもない人がほとんどだと思います。どんな船がいつ、どこを就航していたかを知るのは、もはやマニアの領域に手を伸ばすようなものです。
大体スターフェリーですら、船体を見ただけでは年代の特定は困難です。現役で就航しているのはすべて1950~60年代の機材なので、周辺の風景も込みでないと判りません。船の寿命は結構長いのです。
Meridian_Star
(Photo : Wikipedia)

かつてスターフェリーの最終便に乗り遅れた人のために「ワラワラ」という小型船が就航していました。名前の由来はwater waterという説がありますが真偽のほどは怪しいです。地下鉄の開通とともに姿を消したようです。
もし写真にワラワラが写っていれば大方地下鉄開通以前の年代と推定出来ますが、そんな深夜にわざわざ写真を撮る人がいるのか?そもそもワラワラがどんな船なのか?仮に日中に撮った写真でも「あっワラワラだ!」と判断出来る人がいるものなのか?う~む。

二階建てバス

鉄道マニアに匹敵するオタク度を誇るのがバスマニアだと思います。鉄道会社がバスも運行しているケースも多々ありますし。
とはいえ、バスと言うものはマニアでなくともある程度の年代と地域の予測がつきます。
特に、1972年の海底トンネル開通以前は中巴と九巴で完全に営業区域が分かれていましたから、比較的容易に判断出来る材料と言えるでしょう。
車種なんて判らなくても、バスのフロント部には行き先表示の方向幕があります。これで場所の特定はバッチリです。
車体に書いてある漢字が右から読む場合も、戦前など相当古い写真であると判断出来ます。
もちろんマニアックに車種と年式で判断することも可能です。但し二階建てバスの寿命は一般的に長く、かつては20年くらい使うこともザラにありましたから、車種以外の要素を加味して判断する場合でも、10年単位程度の幅での判断になります。
lf119_43x
(Photo : 中華巴士紀念館)

ミニバス

実はミニバスも二階建てバス同様、車種が判らなくてもざっくりとではありますが判断出来るポイントがあります。
それは乗車定員です。
ミニバスが走り始めたのは50年代で、当初は非合法(いわゆる白バス)でした。
乗車定員は時代が移るにつれ増えていったのですが、白バス時代は9席でした。その後1969年に合法化後された時に14席と決められました。
更に1988年には16席に定員が増加されました。もし14席と16席のミニバスが一緒に写っている写真であれば、その撮影年代は1988年から1990年頃までの時期と考えられます。
もうひとつの判断材料は色です。
カラー写真であれば、赤か緑か区別がつきますよね。緑のミニバスが走り始めたのは1974年からなので、写真に写っているミニバスが緑であればそれ以降の風景となります。
14sheets
(Photo : 蘋果日報)

タクシー

実は私が最も頼りにしているチェックポイントがタクシーです。すみません私マニアです。タクシーは基本的にマニアックな判断方法しか出来ませんことをお許し下さい。
タクシーに使われている車両はほかの交通機関と比べて寿命が短く、大体5~6年も使えばその多くは入れ替わってしまいます。かつては10年以上使うこともあったようですが、一般的には何らかの事情がない限りありません。ですから車種と年式が判れば一番確実な判断材料です。
香港のタクシーは寡占化率が高く、ざっくりと言えば60年代半ばから70年代半ばまではベンツ、70年代半ばから80年代半ばまではセドリック、それ以降はクラウンが市場をほぼ独占しています。他の車種も色々導入された実績はあるのですが、どれも長続きしていません。
香港的士
(Photo : 蘋果日報)

車のナンバープレート

「車種だの年式だのそんなの知らねーよ!これだからマニアは……」という声が聞こえて来そうなので、非マニア向けのもうひとつの判断材料を紹介します。

車のナンバープレートで大体の時代が判るのです。
香港の一般車両が付けているナンバープレートは古い順に言うと数字だけのもの、ローマ字二つと数字の組み合わせ、その他があります。
当初は数字(一桁~四桁)だけだったのですが、60年代に足りなくなったため頭にHKのローマ字と数字の組み合わせになりました(例:HK1234)。
しかしそれでも足りなくなり、今度はHKの代わりにXXを付けるようになりましたがやはり足りなくなり、さすがに今後足りなくなることを見越したんでしょう、AAを付けました。その後AB,AC,ADとどんどん増えてゆきました。
私の記憶では1979年か80年頃にCAを付けた車が走り始めていたと思います。

さらに1983年にはナンバープレートの色が全面的に改められ、前のプレートは白地に黒文字、後ろのプレートは黄色地に黒文字と決められました。
それまではタクシーとトラックは黒地に白文字、自家用車は白地に黒文字、バスとハイヤーは赤地に白文字でしたから、カラー写真であれば1983年以前の風景か以後の風景かが一目瞭然で判るのです。

その他のナンバープレートは2006年に始まった新しいオークションによって出回り始めました。だからまだ歴史は浅いです。主にローマ字のみの組み合わせで、タクシーに付いているプレートで「TAXI KING」というのを見かけたことがあります。
さぞかし高かったんだろうなぁ。

人力車

まぁ一応、交通機関ですので。
人力車が日本から導入されたことはご存知かと思います。
戦前から活躍していましたが、戦後はバス・タクシーの発展に伴って数を減らし続けました。70年代末には完全に観光用途と化していて、スターフェリー埠頭の前に数台止まっていました。
私はついぞ乗ることがなかったですし、実際に乗っている人を見たこともありません。
1980年頃でこんな状態ですから、90年代にはもう絶滅していたのかもしれません。最後に見かけたのがいつだったかも忘れてしまいました。
そんなわけで、人力車が写っている写真はその多くがモノクロで、カラーを見かけることはあまりないですね。
カラーであっても70年代半ば以前のものに間違いないでしょう。

こんな具合で、毎日時間をやりくりしながら古い写真を眺めています。
もちろんここで紹介したチェックポイントのみならず、ありとあらゆる判断材料があります。
おまわりさんの制服が半ズボンだったり、電話がダイヤルだったり、レコード&カセットショップだったり、ポストの形だったり、道路名表示板がT字だったり…とキリがありません。

この記事が皆さんの参考になれば幸いです。

(Visited 404 times, 1 visits today)

この記事を書いたライターさん : Shin-EI

Shin-EI
昔むかし香港で暮らした経験がある日本人。乗り物とCDとカセットテープが大好き。

コメントをする

email addressは表示されません。 必須記入項目 *

*