出来たてCha Siu Baau
ホーム » KYNA » 香港人の読めない距離感(物理的に)
香港人の読めない距離感(物理的に)

香港人の読めない距離感(物理的に)

MTRではちょっとでも触れようものなら
ちょいちょい振り返ったり、もぞもぞしたり、あげくに舌打ちのおまけをつけて
如何にもこちらが邪魔もの扱いされることが多い

言っておくけどあなた方の家出状態のでかいリュックや
おろしたご自慢だか何だか知らん黒い長髪も立派に邪魔だ

IMG-20160905-WA0000
この方は別です

そんな自分のことはお構いなしに
「こっちくんな」
くらいの動きを見せる乗客の皆さん

ならば快適な場所(俗に言う、車両の奥)に移動すりゃいいものを
出入り口付近にたむろして動かざること山のごとし

jama01
こういう感じで

各自が自分の360度が邪魔で困るわという
苦悶・苦痛・苦悩の表情を浮かべている通勤電車

意味わからん

そうかと思えば
その距離感がいきなり縮まりあまつさえ「友達でしたっけ」
という錯覚を起こさせてしまうくらい近づいてくる時がある

馴れ馴れしい
※でも憎めない
+++
とある日、スーパーのカウンターでデリバリーを頼んでいた時
ふと左肩に気配を感じた
振り返ると顎を私の肩に乗せんばかりにして
背後から店員さんの顔がにゅっと出て
カウンターの店員さんと話し始めた

ここでポイントです(※試験には出ません)

・私の左肩の上以外にも登場するスペースはたっぷりあった
・「顔にゅっ」の店員さんと私はよく知る間柄ではない

「えっ」
とびっくりして振り返った私に
にっこりほほ笑む店員さん

なぜその場所から顔を出そうと決めた?

また他の日
友人らと食事に行ったときのこと

背後に店員さんの気配
お皿を置く場所をあけるべく、体をずらしてよけようと思ったら
その間を与える隙もなく私の肩に肘を乗せてお皿をテーブルにオン

賢いね、君

そうすればバランス取れるもんね

親だろうが他人だろうが、使えるものは立っていようと座っていようと使う
大変合理的

そして友人や同僚ともなるともっと距離が近づいてくる
前の会社で、こっちが簡単な広東語がちょっと口をついて出てきたとき、
女性スタッフが、

「きゃぁ~♡」

と言って腕を組んで頭に肩を乗せられ、
またある時はお昼ご飯に出たとき、
年上の女性スタッフに道路を渡るときに手をつながれたり

ここでまたポイントです(※試験には出ません)

・そこは私が毎日出勤時に渡る道路
・車どおりが激しいわけでもない
・3秒で渡れる距離

その人には私はぼやっとしていて危なっかしそうに映っていたのでしょうか

今の会社も同じように、ローカルスタッフの距離感はほんとに近い
鼻の毛穴が見えるくらい顔寄せてくるしなぁ(ちなみにお鼻はつるつるです)。

同じ会社のスタッフ同士、ということなら
距離感が縮まるのはわからないでもないですが
店員さんのあの行動はよくわからない

在住6年目
まだまだわからないことばかり

(Visited 305 times, 1 visits today)

この記事を書いたライターさん : KYNA

KYNA
2012年来港、広東語・普通話独学中。努力を実らせるのはたやすくないことを実感。加齢のせいか。なじみの茶餐廳の店員さんの「察する」能力でご飯が買えている。ありがとう。

コメントをする

email addressは表示されません。 必須記入項目 *

*