出来たてCha Siu Baau
ホーム » KYNA » 病院以外で不調を治す
病院以外で不調を治す

病院以外で不調を治す

会社のスタッフ「パブリックはね、とにかく待たされますね。
ベッド空くまで待たされるともう死ぬレベルですね」
あたい    「死なないために入院するんでは?」

***
生きていると

歯が二つに割れたり
ぎっくり腰になったり
手首にヒビが入ったり
スクーターにはねられたり
ガードレールから落ちたり
インフルエンザにかかったり

しますよね

そういう時、どうします?
そうですね、病院にいきますね
日本ならためらうことなく行くんですが
ここは香港
私は現採

気軽に病院に行けない

だって

公立病院は、安いけど待たされる
私立病院は、待たされないけど高い

選べない二択!

待ち時間の長さが異常だし
(実際友人が夜22時過ぎにアキレス腱を切りそのまま病院に運ばれ、
お医者さんに診てもらえたのが翌朝、という現実を目の当たりにしているだけに)
かといって高い医療費は出せません

なので、極力病院送りにならないよう
自己管理が大切なのです
しかし、どんなに管理していても
具合が悪くなることはあるのです

そこで、私が窮地をどう乗り越えてきたか
誰からも頼まれていないのに
勝手にお伝えしたいと思います

まず基本…のはずが?

健康診断:
一社目勤務時
健康診断にもある程度保険がきいたので申請しようとしたら
「え?健康診断行ったの?どうしたの?具合悪いの?」
とスタッフに聞かれたので

「え?どこも悪くないけど」
「え?じゃあなんで健康診断に行ったの?」
「え?悪いところがないかどうかを調べに行ったんだけど」
「え?悪いところがあるから見てもらいに行ったんじゃないの?」

と不毛な会話を続けた結果、
お互いの「健康診断」に関する概念の違いに到達したのでした
香港では、もともと会社が社員に受けさせる義務はないらしく、

まず具合が悪くなる

町医者行く

町医者から
「もう少し大きい病院で見てもらった方がいいよ」

と言われたときに「健康診断」なるものに行くんだそうです

知らんかった
でも知ったいまとなっても何かあってからでは遅いので、
高額払って日本人が多いクリニックで毎年健康診断を受けています

ぎっくり腰には…

整体:
一時間500ドルくらいでした、保険はきかなかったです
着替えとしてジャージ素材のハーフパンツをお借りしたのですか、
着用後、心なしか太ももが痒くなったので
その後は自分の部屋着を持っていきました

針:
保険きいたかどうだか覚えていません。
値段は500ドル以下だった気がします
聞くところによると、針って合う人合わない人いるらしいのでお気をつけください
気分が悪くなってしまう場合もあるのだそうです

関節が痛いぞ

物理療法:
スポーツで、膝をやらかした時に整形外科は高そうなので
紹介してもらった物理療法に通いました
知り合いからの紹介だったので、一時間500ドルでやってもらえていました
(本当はもう少しかかるようです)
保険はききませんでした

鶏の骨を噛んで、歯が真っ二つに割れたときは

歯医者:
行くしかないですよね
でも高い
マジ高い
なのでまず、何をするといくらなのかをきちんと聞く
全然失礼でもみみっちいことでもない
むしろみんなしてる
今の会社が入っている保険は、歯医者もカバーしてくれているので助かっています
日本人歯科医もいますが、幸い私は友人が歯医者に勤務しており
彼女の通訳にお世話になっています

流行りに乗ったら…

町医者:
今年の2月のことです

「あれ、やばい、これもしかしたらインフルエンザかも…?」

何がなんでも病院にいきたくない私は友人達にどこで見てもらえるか聞いて、
日本語の通じる町医者を教えてもらいました
幸い勤務先付近だったので会社終わりに行って、診察してもらいました
結果、ばっちり隠れインフルエンザB型にかかっていました

DSC_5282
処方された薬の数々

IMG-20180214-WA0000
会社を休んだ翌日は、旧正月はいる前日。社員みんなでお昼ご飯をたべて帰ります。
これは私が食べ損ねたランチ。

ところで昨日偶然知ったのですが、そこの町医者でお世話になった
通訳さんに友人も別の病院でお世話になっているようです
どうやら町医者お付きの通訳さんということでもないようです
友人の話によれば、お医者さんがお金を払ってその通訳さんに
委託するという流れがあるようです
こんな感じで英語や広東語に不安があっても香港では

日本語の通じるクリニックがあるのでこの点は大変ありがたいことです
個人的感覚ですが、言葉ができたとしても専門的な言い回しを知らなかったり
(しくしく痛いとか、鈍痛とか、突っ張る感じ、とかこういう単語すら調べないとわからない)
具合が悪い時は頭が回らないのでやっぱり通訳さんがいてくださると安心ですね

健康第一ですが
富豪にでもなりゃ
いっくらでも医療費払えるんですけどね

六合彩あたらないかなー
あっ、まず買わないと!

(Visited 278 times, 1 visits today)

この記事を書いたライターさん : KYNA

KYNA
2012年来港、広東語・普通話独学中。努力を実らせるのはたやすくないことを実感。加齢のせいか。なじみの茶餐廳の店員さんの「察する」能力でご飯が買えている。ありがとう。

コメントをする

email addressは表示されません。 必須記入項目 *

*