出来たてCha Siu Baau
ホーム » HKLF » 日本人と香港人。末期症状になってからやってくるメールたち
日本人と香港人。末期症状になってからやってくるメールたち

日本人と香港人。末期症状になってからやってくるメールたち

私は香港ライフファイルという、やる気があるんだかないんだか、
よく分からないような香港ブログを今年の春から書き続けている。

そして、それを運営するようになってからというもの、読者の方からいろんな
コメントやメールをいただくようにもなったのだけど、意外に多かったりするのが、
日本人と香港人間の人間関係、みたいな悩み相談系。

あの香港ライフファイルを読んでいながら私に相談してくるなんて、
もはや人を選んでられないくらい、どうしようもない情況なんだろう
とは思うものの、私も出来るだけ力になれるよう、お返事するようにはしている。

そんな中、日本人に対してアドバイスするのは正直まだマシだろうと私は考えている。
それはきっと私も経験してきた道だし、同じマインドセットの人に対して
メッセージを送るのだから、いくら私だってそのくらいのことは出来るだろう。

しかし、問題なのは香港人の方。
確率的に言えば、やはり香港人♂が日本人♀に対して悩んでいる場合が多いのだけど、
この場合、心のなかではものすごい同情しちゃうんだけれども、
残念ながら決定的な救いの言葉を私は持ちあわせていないというのが本音なのだ。

 街で遭遇するハプニングにも、むしろガックリ

何だか前にも書いたような気もしないでもないけれど、海外が大好き、
異国での生活こそ我が人生!って人でも無い限り、普通の日本人っていうのは
香港で「何もかも嫌になっちゃう時期」っていうのがあるんじゃないだろうか。

少なくとも私はあった。
自分の意思で香港に来たモノ好きな私が「自業自得だよね」って自分で思っちゃうほど、
香港での順応に苦しんだことを考えると、「不本意ながら香港に来なければならなかった」
というのっぴきならない事情があった方はいよいよ大変なのではと想像する。

とても当たり前なことを書くけれど、旅行で来港することと、
実際そこで生活してみるっていうのは明らかに別次元の行動であって、
立場が違うと同じイベントに遭遇しても感じ方がまったく違うのである。

香港人とのやりとりで発生するハプニングだって、旅行者の時はそれこそが
旅の醍醐味であり、楽しみですらあったけれど、実際にそれが日常生活の一部に
なってしまうと、いちいちそんな想定外の問題に遭遇すること自体、面倒臭くなる。

まさにちりも積もれば・・・

茶餐廳に入る。
やって来たすごい迫力のおばさんに、頑張って覚えた広東語で注文してみる。
にも関わらず、頼んだものとは違うものが出てくる。

旅行者だったら、笑える土産話のネタのひとつにでもなるだろうけど、
こんなのが日常的に起こるようになると飯を食う事自体が億劫になったりもする。
毎日コッテリしたものばっかりだから、たまにはサッパリしたものを頼んだつもりなのに
目の前に出てきたものは、これまた油がお皿いっぱいにほとばしっているヘビーな料理。

香港人と待ち合わせしたって、遅れてくるのが当たり前。
約束なんてあってないようなもので、こっちは随分待ったっていうのに、
「あれ?何か今日は元気ないね?さっさと街に行って美味しいもの食べよう。」
だから、あんた待ってたんだっつーの。

良かれと思って何かプレゼントしたり、おごったりしたって、お礼も言わない
きちんとお行儀よく、礼儀をわきまえるように教育されてきた日本人の目から見ると、
ここにいる人たちは自由奔放すぎるし、街も適当に動きすぎている。

ひとつひとつを見ていくと取るに足らない小さなことでも、土地勘のない場所では
なかなかストレスのはけ口もみつからないし、日々の生活において、毎日毎日それは
確実に積み上げられていくから、気がついたときには一触即発な状態になっている。

 あんたら、ようやく気づいたな

で、ある日突然、それは爆発する。

そのきっかけは、香港の夏がサウナのように蒸し暑いことかもしれないし、
それなのに乗り物に乗ると冷凍庫のようにキンキンで体調を崩したことかもしれない。
はたまた、どこのレストランに行ってもパスタが無駄に柔らかくて、
家に帰ったら下駄箱の中の靴がカビだらけになってたことでもいい。

とにかく、目にする物、何もかもが嫌
日本語でもうまく言えないし、広東語や英語なんて尚更。
話したって、身の回りの人はきっと分かってくれなんてしてくれないだろう。
仮に言葉で通じたって、頭で理解してくれるという望みがこれっぽちもない。

日本人と似たような顔をしているくせに、この香港人たちっていうのは
私たちがもつマインドセットとはまったく別のプログラムが頭にインプットされている。

そういう悶々とした日本人の姿を見てはじめて、香港人は気付く。

もしかして、何かがおかしいのかも、って。やっと気付く。

 禁断の思考回路のスイッチオン

私にやって来る相談メール。
どうせなら、この辺で出してくれたらなって思う
だけど、残念ながら香港人たちが相談してくれるにはもう少し時間が必要だ。

そういう相談の前に、まず香港人たちっていうのはパニックに陥る。
何が悪かったんだろう。ってグルグルいろんなことを考え始める。

もしかして、昨日の夕飯を割り勘にした時に自分が2ドル多くとったから?
日本vs香港のサッカー試合の時に声を大にして香港応援しちゃったから?
え?私が今日着ている黄色のコート、地味すぎたかしら?

彼らが持つ思考回路をフルに使って、「そこじゃないだろ。」っていう
くだらない理由をたくさんリストアップしてくる。
そして、そのフェーズが終わると、悲しいくらいにみんな考えることは同じで

じゃあ、盛大に元気付けてあげなきゃ。」っていうところに向かっていく。
しかも、ものすごい勢いで。

だけど、これがまた盛大な間違いってことに気づけ無いんだよね。

空回りが止まらない。やればやるほど離れていく。

一旦、この段階に入ってしまうと、ものすごいアプローチが始まる。
あの手、この手で爆発して燃え尽きた日本人を救おうと必死に頑張るわけである。
頻繁な電話やメッセージ。不自然なくらいに続く食事会、パーティーの日々。

そういうのが逆にウザい。
「ひとりになりたい。」「そっとしといて。」っていうオーラを
出しまくってるのに、それが逆に行動をエスカレートさせるもどかしさ

そして、その元気づけ方がいちいちストレート、かつ一本調子だから、
それすらも香港臭がきつすぎて、余計に辟易してしまうという皮肉。

終いには、いろんな人から
「ねぇねぇ、あの人、あなたのこと、とっても心配しているよ。」

あんたは、どんだけ相談しとんのや。
そして、私にもプライバシーってもんがあるやろ。
だから、香港人は・・・

的なね。

そうやって、どんどん二人の距離が開いていく。
その末にようやく相談メールは私のところにやってくる

近づきたい、そんな気持ちをグッと我慢だ

というわけで、そんな末期症状でご相談いただいても私は何も助けになれない。

だから、香港人の方々には、何かおかしい。と気づいた時にはグッと迫りたい
気持ちをやはりグッと抑えて、適当な距離をおきつつ、そっとしといてあげる。
(まぁ、おかしくならないように日頃から気を使うことも必要だけど)

そんなスキルをぜひ身につけてみてはどうかと思っている。

もともと女性には優しくて、いろいろ気が利く香港男性陣だから、
必要な時には助けてあげる、って距離感でなんとか情況を打開していけるはずだ。

そうやってしばらくやっときゃ、しばらくぶりに部屋から出てきて、

「ねぇねぇ、このHKLFっていう不気味な日本人がね、離島が面白いって言ってる。
豆腐花ってそんなに目ン玉が飛び出るくらい美味しいの?
荃灣っていうところが香港で一番熱いところなの?」

っていう寝言でもつぶやくだろうから、それを優しく諭してあげることが、
二人の関係改善のファーストステップになるんじゃないかと思っている。
これこそ、正しい香港ライフファイルの使い方、なんじゃないの。(適当)

※ いろいろ、当たり前だけど個人差あるからね。

(Visited 2,435 times, 2 visits today)

この記事を書いたライターさん : HKLF

HKLF
Cha Siu Baau編集係。偏見に満ちた愛と独断で香港をぶった切る異色ウェブサイト「香港ライフファイル」著者でもあったりします。

6 コメント

  1. 香港で働いてるとか、結婚してるとか、そんなのでも無い限り香港人との人間関係に悩むってことはそうないかもね。
    私も昔はいろいろあったし、理解できないことだんなと何時間でも話してたな。なんでわからんのやろ?って
    でもさ、文化も習慣も違うから違って当たり前って受け止められるようになってきて、
    そのうちどうでもよくなったかな。

    今は仕事関係で知り合う香港人はいっぱいいるし、友人もいっぱいいるけど、とにかく少し距離置いてつきあってる。
    だから大丈夫。
    それよりわけわからないのは、いっぱいいる欧米人たちのほうかも。
    あの人たちは香港人以上に違う存在。
    でも私は愛で受け止めてるな。しっかりと

    それより、日本人に日本人らしくないことされたほうがよっぽど傷つくよ。
    そしてなんで、その人がそんなことするのか不思議に思って、共通の香港人友たちに相談してしまったりする。

    ああ、Cha Siu Baoオープンおめでとうございます。

    • HKLF

      Junpeiさん、どうもありがとうございます。
      やっぱり私が何を書こうと、みんなが最初は悩んで、失敗してから
      ベストなコミュニケーション方法を探っていくんですよね。

      私は香港では主にローカル民とお付き合いしているのですが、
      (会社では欧米人もたくさんですが、彼らは欧州在住ですからね)
      Junpeiさんの場合、欧米人もガッツリと向き合っておられますし、
      日本人の方々もしかり。私のほうが学ぶことは多いと思います。
      それぞれ距離感が本当に違いますものね。

      そして、最終的には国籍や人種というよりも、個々人の性格に
      関わる部分が大きくなってきちゃいますし。
      しっかりとお付き合いするお友達は選んでいきたいものです。

      メールではいろいろご心配もおかけしましたサイトも
      こうやってそろりそろりと開始いたしております。
      どうなることやらわかりませんが、どうぞ今後ともよろしくお願い致します。

  2. これ、まさに私です。
    いまから20数年前に初めて訪れた香港の虜になり、帰国後ものすごい縁から香港人の友達が出来、その数年後その友達から香港で一緒に働かないか?と誘われ、何も考えず長年勤めた会社を退社し、香港に渡りました。
    そこからが地獄でしたよ、、、あんなに大好きだった街が大嫌いになりました。とにかくすべてがうるさく感じて、何を見ても感動もなく、ただただ日本に帰りたくなりましたね。そんな私を心配し、パーティーやら、ご飯やら、旅行やらいろんな所に誘ってくれるわけですが、行っても楽しくもなく笑顔さえ出ないわけです。もう、かるい鬱ってやつですね。
    日本に戻った今はまた香港が大好きですよ!なんなんでしょうね。でも住みたいとはもう思わないです(笑)

    • HKLF

      やっぱり皆さんそういう時期があるのですね。
      すべてがうるさく感じて、ってところも分かりますし、私は全てが臭くもありました。笑
      何がきっかけだったのか、今でもよく分かりませんが、香港と上手く付き合っていく
      コツ(という名の諦め?)みたいなのがいつの間にやら身につきましたが、
      一時期は私も本当に危なかったなぁ。
      海外としては住みやすい方だとは思いますが、それでも実際住んでみるってことになると
      向き不向きがでてくる場所ですよね。

  3. HKLFさんのブログ 拝見しました、
    去年赴任し 法人を立ち上げ
    日本人ひとりでマネージしてます。
    ちょうど 今 同じような悩みでググったら
    興味深く ブログ読みました。

    香港で仕事上悩んでる日本人のヒントが、たくさんある 素晴らしいブログです。自分だけではないと 安心しました

    あー誰しも通る道なのかと思いつつも
    明日も少しがんばれそうです。

    更新楽しみにしています

    • HKLF

      はじめまして。
      そして、ブログの方を読んでいただきましてありがとうございます。

      ま、私も楽しそうに面白おかしく書いてますが、その元ネタになる
      出来事が発生したまさにその時は大体顔が引きつっていることのが多いですし、
      いまだに香港生活も大変なことが多いです。

      でもまぁ、それが過ぎ去ったときに笑えるように消化していくこと。
      そうやって楽しんでいきましょうよ。ある時期をこえると楽しくなりますよ、香港。

コメントをする

email addressは表示されません。 必須記入項目 *

*