出来たてCha Siu Baau
ホーム » HKLF » 九龍にだってピークはあるんだ!飛鵝山から夜景を眺めてみたよ

九龍にだってピークはあるんだ!飛鵝山から夜景を眺めてみたよ

以前にも書いたけれど、私は新界の住人だ。
香港と言えば、それは通常、香港島を指す言葉。百歩譲ったって九龍地区までで、
新界なんて場所はいよいよ観光客の頭の中には存在していない

そりゃそうだろう。香港島には世界屈指の金融街にランカイフォン等の歓楽街。
街中にはMTRやバスだけじゃなく、香港名物のトラムまで元気に走り回っている。
スタンレー、SOHOとかオシャレなスポットだってあるし、グルメにも事欠かない。
まさに観光地になるべく生まれてきたような場所だ。

それに比べて、新界は・・・(ため息)。

否!

こっちにだって、ひとつくらい自慢できるものがあったっていい。

例えば。
香港島ではヴィクトリアピークっていうところが有名だそうだが、私たちだって
ピークくらいあるっていうじゃないか。その名もカオルーンピーク(飛鵝山)
そこに実際に行ってみて、半島側の素敵スポットの実力を見せつけてやろうじゃないか。

厳密に言うと、飛鵝山は新界じゃなくて九龍なんだけど、この際何でもいいや。
香港島にギャフンと言わせることができるなら。

久しぶりに来たな、彩虹

彩虹
今回のスタート地点はMTR彩虹駅。

彩虹
駅を出たらいきなり街市があるなんて、とっても便利。
同行者を待つ間、中をブラブラして時間を潰す。

・・・しばらくして、急遽手配した香港人の友人が到着。
朋友「あのさ、今日一体どこ行くの?」
HKLF「飛鵝山。カオルーンピークって呼ばれてるでしょ?」
朋友「あぁ。飛鵝山ね。」
HKLF「じゃ、案内頼んだよ。」
朋友「行ったことないから、知らないってば。」

また出たよ。東京人は東京タワーに上らないの法則。

タクシーの運転手とだって一期一会。それが香港。

タクシー
しょうがないから、ちょっと携帯でググってみたけど、タクシーの他移動手段がないっぽい。
(冒頭の地図見てみれば、場所となりが想像できる。)
香港島のなんとかピークみたいに、トラムみたいなコジャレたもんはこっちには存在しない。
そういう不器用なところを楽しむのが九龍の楽しみ方なのだ。

タクシー
司機、夜景のきれいなところに連れてって(丸投げ)

普通こういう頼み方するとろくな反応をされないものなんだけれど、
2015年はよっぽど良い年なのであろうか。
この司機もカメラ好きでよくカオルーンピークには足を運ぶんだとか。

道中、私が事前に準備すべきだったいろんな基礎的な情報を我々に提供してくれた。
目的地まで彩虹から大体HK$60くらい。

飛鵝山
あろうことか、目的地についてもタクシーから降りてきて、追加で説明。

飛鵝山
こういう一旦意気投合してしまえば人懐っこい香港人。大好きだわ。人情だよなぁ。

カオルーンピーク展望台付近の様子

飛鵝山
他に移動手段がないから、有銭人は自家用車、庶民はタクシーでここにやってくる。

飛鵝山
こんな感じであんまり混みあった感じじゃないので、好きなポジションを自由にとれるのは魅力的。

で、今日の風景の調子のほうは・・・えーっと。

北京?
えー・・・、北京とかそんなん
冬は北風が吹くから、大陸からの空気が絶賛流入中?
これは夜景もベストコンディションで見ることは出来ないかも。

日が暮れるまでちょっと時間あるじゃん

ということで、あたりをウロウロ。

カオルーンピーク
観景台からは・・・

カオルーンピーク
香港中心部とは反対側の西貢の街並みも一望できる。
ガスって無ければ、香港を構成する島々が見えるんだろうねぇ。

カオルーンピーク
このカオルーンピークからもずっと登山道が続いているから、ここまで歩いて
やって来るひともいるはず。私はちょっと遠慮しときたいけれど・・・

カオルーンピーク
そんなことしながら、ブラブラしているうちに日も暮れてきた。

では、日没から夜景までを写真でご覧ください

カオルーンピーク
まだちょっとガスってるけれど、さっきほどじゃなくなったかな。
港を挟んでコチラ側が九龍。左手の遠くに見えるのが香港島ね。
ちょうどヴィクトリアピークからと正反対に見たような構図。

カオルーンピーク
日が落ちて、街の灯りもつき始めた。日没は日が落ちてからも二度美味しい。

カオルーンピーク
もうほぼほぼ夜景っぽい。
夕焼けになってるから、逆にこのくらいのが見栄えがすんのかもしんない。
遠くに見える香港島のネオンたちがここからは小さく見える。

カオルーンピーク
こんな感じでどうでしょう。
ガスってるのが逆にソフトフォーカスっぽくて雰囲気でてるかも?

香港島の場合、手前にド派手なビルが並ぶのだけど、こちらはそれが住宅街になるので
落ち着いているというか。遠くに見える香港島がやはり綺羅びやかに見えてしまう。
それでも、ここは人が少なくて落ち着いて夜景を好きなだけ楽しめるという大きな
メリットもあるし、それを考えると選択肢のひとつとして、なかなか悪くないんじゃないかも。

同行者の香港人はバッサリ「ヴィクトリアピークのが全然派手。」と切って捨ててたけどね。

ま、でも個人的に、ここはとっても素敵なデートスポットでもあると思う。
絶景を見ながらゆっくりできるし、ガヤガヤしてないし、語らうには丁度いい。
香港にはなかなかないよ、こんな場所。

寒いから帰ろっと。

当たり前だけど、山の上は寒い。
ヴィクトリアピークも寒いけど、ここはもっと標高が高そうだし、風が冷たい。
さっさと下山して暖かいものでも食おう。

・・・と振り返ったら

カオルーンピーク
あら?

しかも、一番びっくりしたのはここタクシーがほとんど通らないのね。
ずっと一方通行の山道だし、タクシーの運転手も人を拾いにわざわざ登ってこないんだって。
(行きしなのタクシーの運ちゃんがそう言ってた)

だから、自家用車で来る富裕者は好きに来て好きに帰ればいいんだけど、
庶民はどうなるかっていうと・・・。

IMG_2844
こういうだーれも歩いてない道を徒歩で下山・・・。
これ、一人だったら私もちょい怖かったかも。そのくらい人の気配がしない道。

カオルーンピーク
道中、ずっとこんな光景を見ながらだから、幸せな気分でもあるけれど。

1時間も山道歩くことになるなんて、聞いてなかったよ!

ちょっと上でデートに最適って書いたけど、確かに展望台の雰囲気は最高。
でもね、私から学んで欲しい教訓。

タクシー捕まえられる時間にさっさと下山しとけ。

でないとさ、お手てつないで仲良く1時間の山道に付き合ってくれるような彼女なら
まだしも、おそらくほとんどの港女さまたちの場合、もう二度と会ってくれなく
なるんじゃないかなって思うよね。

あ、そうそう。
打倒、ヴィクトリアピークで始まったこのカオルーンピーク探訪だけれど、
結果的に言うならば、香港島の方がやっぱり華はあるという当然の結果に。

でも、ここは知る人ぞ知るな地元民の夜景スポットだし、
あんまり他の人を気にすることなく楽しむことができるので、
香港の夜景を独り占めにしてる感は間違いなくこっちのが上。

ただ、一定の時間を過ぎてしまうと、物理的にも独り占め、というか独りぼっち
になってしまうので、そこらへんは注意も必要だ。

(Visited 3,370 times, 1 visits today)

この記事を書いたライターさん : HKLF

HKLF
Cha Siu Baau編集係。偏見に満ちた愛と独断で香港をぶった切る異色ウェブサイト「香港ライフファイル」著者でもあったりします。

8 コメント

  1. 嗚呼、啓徳空港があったなら、香港カーブを回って、ビルの灯りの谷間に着陸する飛行機が見えたのに。という私も一度チャレンジしようとしたことがあったのですが、帰り道が真っ暗で道に迷うだの、強盗が出るなどと、香港更衣室消失新婚花嫁事件レベルのデマに惑わされて、断念してしましました。

    • HKLF

      藤 孝志さん、ありがとうございます。
      実は結構それがデマじゃなくって、一人でいくと迷えますし、危ない人が出てくるんじゃないかって思うくらい殺風景なところです。
      幸いタクシーの運転手さんからの事前情報があったのでまっすぐ下りてこれましたが、夜中に一人は本気でやめておいた方がよいかもしれません・・・。

  2. 香港フリーク

    電話すれば無線でタクシー呼べるのではないでしょうか。

    • HKLF

      香港フリークさん、ありがとうございます。
      全くもってその通りなのですが、行く時に乗ったタクシーの運転手が、
      「こんなところ、好き好んで客を迎えにいくところじゃないよ。」って
      仰っていたのを覚えていて、ついつい呼ぶに呼べなかったわけであります・・・。

  3. HKLF様。 こういう話題、好きです♪ 私も以前はよくハイキングに行ってたのですが、最近は行ってなくて・・、しかも、飛鵝山には行ったことがなかったので・・・><。行ってみたい!日没~夜景写真も、すごく素敵です!場所的に、人も多くないし、よく、ロケとかにも使われたりしてませんか?でも、帰りの下山道路は、怖いですね(;; 危ないので、明るいうちに帰ったほうがいいですね・・。

    • HKLF

      Mokumokuさん、ありがとうございます。
      私は綺麗に舗装された道を一時間かけておりてきましたが、もう二度とあれは歩きたくないなぁ。笑
      ハイキング自体はやってみたいと思うのですが、あの時はまったく心の準備が出来てませんでしたし・・・。
      でも、展望台はとっても素敵なところだし、帰りのタクシーを確保しつつ、また行って夜景を眺めたいです。

  4. KYNA

    HKLFさま
    こんばんは。
    私もこういう話題好きです。香港はいろいろハイキングやトレイルできるところが多いということを知り、歩くのが好きなので行ってみたいなと思っていました。ガイドブックを買って読むのもいいですが実際こうして写真つきで紹介して頂けるとわかりやすくていいですね。
    朝早くいってまだ日が高いうちに歩いて帰ってこようと思います。

    • HKLF

      KYNAさん、ありがとうございます。
      もう香港も8年目だと思いますが、ハイキングの経験はほとんどなしです。
      KYNAさんも初日の出でドラゴンズバックに行かれていましたが、来年こそは私も!
      ・・・とかいって、ベッドの上で爆睡してなきゃいいですが。

コメントをする

email addressは表示されません。 必須記入項目 *

*