出来たてCha Siu Baau
ホーム » Loufu » 意外に身近なカルチャーギャップ?香港コンビニ大解剖!
意外に身近なカルチャーギャップ?香港コンビニ大解剖!

意外に身近なカルチャーギャップ?香港コンビニ大解剖!

おはこんばんにちは!

香港在住ローカル市民代表のloufu(老虎)です。

突然ですが、

「コンビニを知ることはその国の文化、経済を知ること」
(僕がいま考えた言葉です。。)

ということで今回は香港のコンビニエンスストアをご紹介したいと思います。

香港でよく見かけるコンビニエンスストアといえば、
セブンイレブン、サークルK、VINGOなどがあるかと思いますが、
今回はセブンイレブンをご紹介させていただきます。

それでは早速店内の様子をのぞいてみましょう。

ドリンクコーナー

写真 (1)
水、お茶、ソフトドリンク、コーヒー、アルコール。
日本のコンビニと同じく色々な種類の商品が売られています。

ただし、日本のように日替わり週替わりで新製品が出ることはなく、
たいてい同じ顔ぶれのような気がします。

日本と違うところは漢方系の飲み物や豆乳系の商品が多いところでしょうか。
この辺は機会があればまた別の記事で特集させていただきたいと思います。

コンビニ
寒い時期にはうれしいホットドリンク類もあります。

日本の製品もけっこうたくさん並んでいてうれしい限りですが、
ほとんどの店舗で共通して言えることは

ぬるい!

ちなみに「ホット専用」と日本語で思いっきり書いてある商品を、
普通にコールドで売ってたりもします。。。

コーヒーラバーの僕としてはもっと缶コーヒーの種類を増やしてほしいところですが、
スペースもなさそうだし仕方がないですね。

いま考えると日本の缶コーヒー市場はすごいです。
数え切れないくらい種類があるし、次々に新しい製品が出ますからね。
ジョージアのブルーマウンテンが恋しい。。

アルコール類

写真
アサヒスーパードライ(350ml)が1本10ドル(約150円)

カールスバーグやギネス、ハイネケンなどのヨーロッパ製品から、
青島などの中華系製品、タイガーなどのアジア系製品も置いてあり、
さすが国際都市香港といったところ。
(別の棚にはオーストラリアとかのワインも置いてあります。)

香港は税金がないので、アルコールに限らずですが、海外の製品が割と低価格で
買えるのがうれしいです。ちなみに、香港ローカルの間では、カールズバーグの
2個左にあるブルーガールというビールが人気のようです。

お薬コーナー

コンビニ
HKLFさんの記事
でもよく紹介されている薬類。

成分的に割と強めの製品が、気軽に買えるのはいいところですね。

僕もパナドールにはかなりお世話になっています。

アイスコーナー

コンビニ
ラインナップは、低価格のものはネスレ系が9割で韓国系が1割、
あとはUSのDreyersとハーゲンダッツといったところでしょうか。

ハーゲンダッツはたしかに美味しいですが、いかんせん高い。
日本のスーパーカップやチョコモナカジャンボが恋しいです。。

乳製品コーナー

コンビニ
せまいせまい香港では牧場や農地がほとんどなく、なかなか新鮮な食材が
手に入らないそうですが、それでもこの品揃え。

ヤクルトはこちらでもよく見かけますね。

ちなみに僕は牛乳は体に良いわけではない(むしろ飲みすぎは体に悪い)
ということを、香港人の妻から初めて教わりました。

ガムコーナー

コンビニ
ここでも日本製品ががんばっていますね。
シゲキックスやぷっちょなどUHA味覚糖の製品が人気があるようです。

カップ麺コーナー

コンビニ
日清のカップヌードル(香港版は合味道といいます)は定番中の定番。
ただ正直シーフード以外は微妙な味だと思います。。

下の方に見えますが、はるさめヌードルなんかもあります。

「3件21」とか書いてありますが、これは海外ではよく見られる販売方法で、
複数買うと割安になるというやつですね。

いつもこれのせいでいらないのに無駄に買ってしまいます

たまに「ごんぶと」とか「UFO」とかも売ってますが、結構高いです。
それでも食べたくて買っちゃうんですけどね。

いつも日本に帰った時にカップ麺持って帰りたいのですが、
軽い割にすごく場所をとるので、毎回あきらめてます。。

お弁当コーナー

コンビニコンビニ
チキンウイングや、焼売、餃子、フィッシュボール、炒飯など香港ならではのものが並んでます。

ただ僕の場合、だいぶ前にパッサパサのサンドイッチと、カッチカチの手巻き寿司の
洗礼を受けてから、このコーナーからは遠ざかっています
いつか再チャレンジしなくては。。

スナックコーナー

コンビニ
カルビー勢強し。
おすすめは右の方にある「熱狼?」というポテトチップスです。甘辛でなかなかいけますよ。

べスースターラーメンやプリングルスも売ってます。

あと、タイもそうでしたが、海苔を油で揚げたやつがなんか人気あるみたいです。

雑誌コーナー

コンビニ

せまい。。

ゴシップ系、ファッション系、経済誌、IT系情報誌、ゲーム雑誌、小説、新聞、などなど
一通り並んでます。日本のファッション誌もよく見かけます。

特にゴシップ雑誌は人気があるようですが、
このせまい香港芸能界でよくそんなにネタを見つけられるなー
といつも不思議に思っています。

(エディソン熱烈支持!早く香港映画界に戻ってきてくれ!)

 

香港のコンビニにはこんなのもあります!!

コンビニ
こちらは香港のコンビニならではのものだと思います。

香港のセブンイレブンやサークルKでは、一定金額以上(たいてい20ドル以上)
買い物をすると、シールがもらえ、これを何枚か集めるとグッズと交換できる
キャンペーンを定期的にやっています。

ディズニー、サンリオ、ムーミン、LINEなどなどシーズンごとに様々なキャラクターの
グッズが登場します。(去年はワンピースもやってました。)

子供がいたりすると、これ欲しさについついコンビニで無駄遣いしちゃうんですよね

ということで長くなりましたが、まとめ

1.せまい!

2.国際色豊か!

ということになるかと思います。

日本製のものがたくさん売っているのは単純にうれしいですね。
(最近は韓国製のものも増えてきました)

ただ、香港のコンビニで地味に困るのが、ボールペンやメモ帳など筆記用具が売ってないこと。
場所がないのはわかりますが、いざってときに文房具屋探すのもちょっと無理があります。。。
トランプとかいらないから。。
日本のコンビニは携帯の充電器やら靴下やらなんでも売ってますからね。

日本のコンビニがホント恋しいです。
新鮮なおにぎりとサンドイッチ、あつあつの肉まん、たくさんの菓子パンやスイーツ。。。
あっ、全部食べるものでした。。。。

日本にいる時は何の気なしに利用していたコンビニですが、
海外に出ると、日本のコンビニがいかに優れていたかがよーく分かりますよ~

(Visited 7,280 times, 3 visits today)

この記事を書いたライターさん : loufu

loufu
港女と結婚してしまった香港在住子持ち日本人。

5 コメント

  1. Shin-EI

    すごくわかります!3年位前に7-11でたまごサンドを買って食べたら、吐くほどまずかったです。
    香港は全体的においしいパンが少ないと思います。
    「熱浪」はおそらく1986年発売のカルビー エスニカンです。もちろん今は販売終了しています。

  2. KYNA

    おはようございます。
    まとめ部分に激しく同意です。コンドームたくさん置かなくていいから文具とかその他【もっと】実用的なものが欲しいですね。先日ナイトハイクに懐中電灯を持っていくのを忘れたのでコンビニ数件回りましたが(と言っても全部セブンイレブンですが)、なかったですし。日本のコンビニはクオリティ高いですよね。品ぞろえにしろサービスにしろ(使ったことはないですが、最近はアマゾンの受け取りやクリーニングもあるようですね)。
    友人も帰国するとコンビニのパンやおにぎりを家族のお土産に買ってくるとか。
    こっちのおにぎり、酢飯なんですよね。これがよろしくない…。

  3. Shin-Elさん
    コメントありがとうございます。
    返信めちゃくちゃ遅くなってすいません。
    僕も以前手巻き寿司食べたときは一口食べて捨てちゃいました。。

    熱狼がそんな歴史のある商品だったとは!
    全く知りませんでした。。

  4. KYNAさん
    コメントありがとうございます。
    いつも楽しく記事拝見しております。

    そうなんですよー。
    日本のコンビニレベルが行き過ぎてるのかもしれませんが、香港のコンビニはもっと置くべきものがあると思います。
    何と言っても便利店なわけですから。

  5. エスニカンは熱狼ではなく熱浪(いっろん)です。
    日本語訳すると「熱波。」
    ただでさえ香港は暑いのにクソ暑苦しい名前ですねw

コメントをする

email addressは表示されません。 必須記入項目 *

*